元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金
外貨預金の10倍パワー!小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円

分散投資

分散投資が有効
外貨預金 株式投資

株取引において、一つの銘柄に全ての資金を投資するのは非常に危険です。
一番の理由は、いわゆる経営破綻です。
経営が破綻した会社は、民事再生法を適用する事になりますが、それが発表される頃には株価は信じられない速度で急落しています。よって、どのような会社であっても、急激に株価を落とす可能性はあります。


株式投資これだけはやってはいけない (日経ビジネス人文庫 (と3-1))
 豊富な情報・・
的確な相場分析・・
売買テクニック伝授!!「グレイルNET」


分散投資が有効≫続きはこちら
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 07:52 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャピタルゲイン

株式売買テクニック伝授!!

キャピタルゲイン
外貨預金 株式投資

六本木ヒルズ.jpg


株で得する為の方法は、大きく分けて二つです。
一つはキャピタルゲイン、もう一つはインカムゲインです。インカムゲインも厳密に言えば二つあります。配当金と待遇サービスですね。
では、まずは初心者の方が一番ピンと来ないであろうキャピタルゲインからご説明しましょう。

キャピタルゲイン課税の要点と対策

キャピタルゲインというのは、株価の差を利用して利益を得る、差益と呼ばれるものです。これが、株取引における利益の最も基本的なものとなります。株価というのは、投資家がその会社につける値段と考えて良いでしょう。
現在の株価が500円の銘柄があるとします。この場合、500円という株価が成り立っているという事は、最も高く売りたいと考えている人が500〜501円で売ろうとしている状態、もしくは最も安く買おうとしている人が499〜500円で買おうとしている状態という事です。
もしこの株を500円で買いたいという人と、500円で売りたいという人がいれば、その株は500円で売買され、株価は500円のままです。
500円で買いたいという人がいなくて、一番高く見積もっている人が499円で買いたい、という場合は、売る側がいくら高く売りたくても、500円以上では売れません。
仕方なく売る側が妥協して499円で売買を成立させた時、その株は499円に下がります。
逆に、売る側が500円では売らない、501円だ、という場合、買う側がいくら500円で買おうとしても買えません。仕方なく501円で買った場合、501円が株価となります。
例えば、500円でその株を1万株買って、501円でその株を売ったとしましょう。
501円で買いたいという人が合計1万株分いれば、売買は成立します。そうすると、1円×1万株=1万円から手数料や税金を引いたお金が、差益となるのです。
初心者の方にとっては、最初はよくわからないかもしれません。ただ、ある程度見ていけばすぐわかります。
初心者の方にとっての最大の問題は、理解できるかどうかより、ゲーム感覚に陥らないか、という点のほうが問題かもしれません。

投資銀行が邦銀に屈した日―キャピタルゲイン時代の次に来るもの

投資銀行が邦銀に屈した日―キャピタルゲイン時代の次に来るもの

  • 作者: 北村 慶
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2009/02/13
  • メディア: 単行本






posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 08:22 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株は情報が命


株は情報が命
外貨預金 株式投資

コン4.jpg


株取引を始める前に、株取引に必要な事をいくつか紹介して行きましょう。
まず、株は情報が命です。
もちろん、取引を行う上でその方法はいくつもあります。
その中に、「人から進められた銘柄を買う」という選択肢もあるでしょう。
初心者の方の多くは、少なからずこの選択をすることがあるかと思います。

東大生が本気で考えた! 勝ち抜くための株の本

確かに、下手に自分で選ぶより有効かもしれません。
初心者よりは、経験者の選択の方が正しいかもしれません。
しかし、これは正直あまりお勧めできません。
というのも、現実に近しい人のアドバイスの場合、もし損したらその仲がギクシャクする可能性があるからです。
お金の問題は、人の交流関係を大きく狂わせます。
できれば、アドバイスは聞きつつも、自分の判断で売買を行う方が良いでしょう。
では、初心者ができるだけ安全に売買を行うにはどうすれば良いでしょう。
ここで、情報の重要性が出てきます。
最初のうちは、情報と言ってもせいぜい「どの銘柄がいまキてる!」などといったあまり信憑性のない書き込みを掲示板で見た、などといったことを調べる程度になるかもしれません。
そして、これ自体、かなり危険な賭けです。
近年、ネット上のマナーは最悪な状況で、平気で嘘八百を並べる人が増えています
掲示板などの情報を鵜呑みにするのはやめたほうが良いでしょう。
「情報が大事」というのは、「情報を集める事が大事」というだけではありません。
情報に踊らされない事もまた、同じくらい大事なのです。
ネット上にある情報だけではなく、毎日の新聞などをしっかりチェックして裏づけをとっておく必要があります。
毎日の朝は、<東京新聞>
 
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 08:36 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優遇サービス

優遇サービスとは?
外貨預金 株式投資

細野真宏の世界一わかりやすい株の本

細野真宏の世界一わかりやすい株の本

  • 作者: 細野 真宏
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/06/10
  • メディア: 大型本


配当金と同じくインカムゲインの一種として数えられるのが、優遇サービスです。優遇サービスというのは、その会社が株主、つまり株を買っている投資家に対して行うサービスの事ですね。
この優遇サービスというのは、配当金のようにお金をもらえるわけではありません。
その会社独特のサービスが行われます。初心者の方にとっては、最初はわかりづらいことですが、すぐに理解はできるでしょう。

2万人が体験!バッチリ当たる株銘柄情報!なんと1か月無料お試し!
優遇サービスとは?≫この先を読む
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 14:45 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株初心者「株」って何?

マーケットスピード 楽天証券

株初心者「株」って何?
外貨預金 株式投資

2009年、株式投資は反撃の年を迎えますが、相変わらず株価は低迷を続けています。世界的な株安の震源地、アメリカの株はここにきて上がり始め、日本も徐々にではありますが下がり続けていた株価も上昇に転じてきました。
先日は、日経平均株価も数ヶ月ぶりに1万円を超えるところまで回復してきています。
さて、その前に株というものについておさらいしておきましょう。株についてしっかり理解していないと、なかなか反撃もままなりません。
株式投資の初心者の方は、できるだけ多くの知識を蓄え、判断材料を増やしておく事が必要です。
リーマン・ショックは、初心者だろうが上級者だろうがお構いなしに飲み込んでいく津波のような出来事でした。
しかし、こういう現象は本当に稀で、基本的には知識を持っている人は回避できる波ばかりです。
必ず、初心者であっても回避できます。まず、株というものについてしっかり認識しておきましょう。
株とは、簡単に言えば、会社の信用です。企業というものは、その企業を持続させる為に非常に多くのお金を必要とします。
しかし、そのお金を調達できるかどうかというと、自力では難しいというところが多いでしょう。その為、融資をしてもらう必要があります。
その融資の一環としてあるのが、株という制度なのです。
株というのは、会社が「自分のところは将来必ず大きくなるから、そのための資金を貸してくれ」という形で投資家に自分の会社の信用を買ってもらいます。
投資家は、「いずれ会社が大きくなったら、利益の分上乗せして貸してくれ」という形で株を買います。
そして、実際に会社が大きくなれば、その見返りに利益が得られます。非常にシンプルに株を説明すると、こういうシステムになっています。
実際には、会社が大きくなるまで待たなくても、利益は得られます。株には、ある意味その会社の人気投票的な意味合いもあって、人気が上がると株価も上がり、株価が上がると株主は利益を得られます。
その人気投票は常に行われている状態なので、どのタイミングでも利益は出ますし、同様に損をする事もあるのです。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 18:19 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株って何で得するの?





momobgyoko.JPG


株って何で得するの?
外貨預金 株式投資

初心者が株を始めるにあたって、最初に考える事があります。
株って何で得するの?」
誰もが一度は疑問に思うことでしょう。
このメカニズムがわからないと、初心者は、株取引はできない・・かというと、そうでもありません。実際に株式取引を行う場合、そういった理由は特に必要はないからです。
ただ、知っておかない事には株式投資というものの本質は理解できないでしょう。それを理解していなければ、初心者の方が株で利益を継続的に得ていく事は困難です。
そこで、ここでは株式に投資するとどうして得する事ができるかについて、軽く説明していきましょう。
株というのは、会社がお金を集める為の手段です。投資家からお金を借りて、そのお金で会社の事業の幅を広げていき、利益を得ていきます。そしてその利益が上がる事で、どんどん株価も上がっていきます。ここがポイントです。
株というものは、その会社の株価が問題です。株価というのは、言って見ればその会社の価値なのです。その会社に投資する価値がおいくらか、というものです。

例えば、現在株価が1,000円の会社があるとします。
この会社の株を持っている人が、この株を1,000円で売ってしまおう、と思った場合、1,000円で買いたいという人に売る事になります。これがもし、1,000円で買いたい、という人がいなければどうなりますか?
答えは簡単、値下げします。普通の商品と同じですね。買い手がいなければ値下げするしかありません。
990円なら買う、という人がいれば、990円で売る事になります。
そうすると、株価は990円となり、10円下がるのです。
この場合、1,000円で株を買った人は一株辺り10円損をします。逆に、1,010円でも欲しい!という人がいれば、株価は1,010円となり、10円得をするのです。
この得が、株式投資で最もポピュラーな利益となります。

株式投資 実は今がチャンス
 ┃
 ┣ 「株」って何?
 ┣ 何で得するの?
 ┣ キャピタルゲイン
 ┣ 配当金とは?
 ┣ 優遇サービスとは?
 ┣ 情報が命
 ┣ 儲ける為には
 ┣ 売買を始める前に
 ┣ 証券会社の選び方【手数料編】
    ┣ 証券会社の選び方【情報サービス編】
    ┣ 証券会社の選び方【サポート編】
    ┣ 証券会社の選び方【セキュリティ編】
    ┗証券会社の主な種類
 ┣ 実際に株を買う
 ┣ 買った株を売る
 ┣ 損切りを学ぼう
 ┣ 株取引の分析方法
 ┣ ファンダメンタル分析
 ┣ テクニカル分析
 ┣ 株投資の期間
 ┣ 短期の投資
 ┣ 中長期の投資
 ┣ 情報収集はどうやって?
 ┣ 銘柄は業績で選ぼう
 ┣ 銘柄はチャートを見て選ぶ
 ┣ 売るタイミングが一番難しい
 ┣ 口座資金をどう使うか
 ┣ 分散投資が有効
 ┗ 思わぬ落とし穴に注意





posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 15:30 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式投資って何?





momobgyoko.JPG

株式投資ってなに?

2009年、株式投資は反撃の年を迎えますが、相変わらず株価は低迷を続けています。世界的な株安の震源地、アメリカの株安は止まりませんが、先行きの決して暗いものではありません。世界が株価を上げるための政策を各国が取り始めているのです。そして、下がれば上がる・・これが株であり株式投資なのです。

さて、その前に株というものについておさらいしておきましょう。株についてしっかり理解していないと、なかなか反撃もままなりません。
株式投資の初心者の方は、できるだけ多くの知識を蓄え、判断材料を増やしておく事が必要です。
リーマン・ショックは、初心者だろうが上級者だろうがお構いなしに飲み込んでいく津波のような出来事でした。
しかし、こういう現象は本当に稀で、基本的には知識を持っている人は回避できる波ばかりです。
必ず、初心者であっても回避できます。まず、株というものについてしっかり認識しておきましょう。
株とは、簡単に言えば、会社の信用です。企業というものは、その企業を持続させる為に非常に多くのお金を必要とします。
しかし、そのお金を調達できるかどうかというと、自力では難しいというところが多いでしょう。その為、融資をしてもらう必要があります。
その融資の一環としてあるのが、株という制度なのです。
株というのは、会社が「自分のところは将来必ず大きくなるから、そのための資金を貸してくれ」という形で投資家に自分の会社の信用を買ってもらいます。
投資家は、「いずれ会社が大きくなったら、利益の分上乗せして貸してくれ」という形で株式投資するのです。
そして、実際に会社が大きくなれば、その見返りに利益が得られます。非常にシンプルに株を説明すると、こういうシステムになっています。
実際には、会社が大きくなるまで待たなくても、株式投資で利益は得られます。株には、ある意味その会社の人気投票的な意味合いもあって、人気が上がると株価も上がり、株価が上がると株主は利益を得られます。
その人気投票は常に行われている状態なので、どのタイミングでも利益は出ますし、同様に損をする事もあるのです。
これが、株式投資なのです。

株式投資 実は今がチャンス
 ┃
 ┣ 「株」って何?
 ┣ 何で得するの?
 ┣ キャピタルゲイン
 ┣ 配当金とは?
 ┣ 優遇サービスとは?
 ┣ 情報が命
 ┣ 儲ける為には
 ┣ 売買を始める前に
 ┣ 証券会社の選び方【手数料編】
    ┣ 証券会社の選び方【情報サービス編】
    ┣ 証券会社の選び方【サポート編】
    ┣ 証券会社の選び方【セキュリティ編】
    ┗証券会社の主な種類
 ┣ 実際に株を買う
 ┣ 買った株を売る
 ┣ 損切りを学ぼう
 ┣ 株取引の分析方法
 ┣ ファンダメンタル分析
 ┣ テクニカル分析
 ┣ 株投資の期間
 ┣ 短期の投資
 ┣ 中長期の投資
 ┣ 情報収集はどうやって?
 ┣ 銘柄は業績で選ぼう
 ┣ 銘柄はチャートを見て選ぶ
 ┣ 売るタイミングが一番難しい
 ┣ 口座資金をどう使うか
 ┣ 分散投資が有効
 ┗ 思わぬ落とし穴に注意

2万人が体験!バッチリ当たる株銘柄情報!なんと1か月無料お試し!



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 10:21 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口座資金をどう使うか

外貨預金 株式投資
口座資金をどう使うか

株式投資を行う上で、まず口座に資金を投入しますよね。最低でも10万円、できれば100万円くらい入れておきたいところです。
株というのは、最も少ない金額で購入可能な銘柄ならば、数百円、あるいは数十円で購入できます。
もちろん、数十円で買った株が数万円、数十万円になる事はまずありません。ですので、最低限「株で利益を出す」為に取引を行うならば、10万円くらいは持っておいたほうが良いでしょう。
また、逆にあらゆる銘柄を購入できる資金を用意して、取引の幅を最大限にしたいという場合は、1,000万円近くないといけません。
日本銀行や任天堂、花王といった所の株は最低でも200万円以上持っていないと株は買えません。
そこで、全銘柄の90%を購入可能な金額はいくらかというと、50万円くらいです。50万円あれば、大体の銘柄が購入可能ということですね。
では、仮にこの50万円を口座に入れたとしましょう。そこで、どのような使い方をするのが望ましいでしょうか?
もちろん、沢山のお金をつぎ込めば、より多くのリターンが期待できます。例えば、株価が50,000円の株を10株買って、この株価が51,000円になったら、1万円(実際は手数料や税金が引かれるのでもっと少ない)の利益になります。しかし、これが5株しか買っていなかったら、5,000円になります。
多くのお金を稼ぎたい人は、多くのお金をつぎ込みたいところでしょう。よって、初心者の方は、口座にある全てのお金を使って取引を行いたがります。
しかし、これは有効ではありません。理由は複数あります。
まず、リスク管理の面から行って、全てのお金を株購入に使用するというのは、いざというときに困る事になりかねません。
また、例えばもしある銘柄に全額投資したとして、その後に更に魅力的な銘柄が出てきた場合、最初に購入した株を売らないと、後で見つけた銘柄を買う資金がありません。
ここで銀行などの貯金を下ろして証券会社の口座に追加するという手もありますが、これが、一番初心者が大損するパターンです。
初心者の方は、証券会社の口座以上のお金を使わないようにすべきです
こういった観点から、出来れば余力を残した状態での株式投資をお勧めします。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 北海道旅行春旅行 こだわりの宿春旅行 こだわりの宿(2)


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 10:10 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株投資の期間

外貨預金 株式投資
株投資の期間

株式投資には、株を所持する期間によってそのスタイルが分かれます。というのも、株というのは、どれだけの期間でどれだけの変動がある、というものが銘柄、あるいは市場によって大きく異なるのです。
その為、長い期間持つのか、短い期間持つのかで、向いている銘柄、市場、あるいは分野というのが全く異なってきます。当然、戦略も大きく変わってくるわけです。よって、購入した株をどれくらいの期間持つかというのは、株取引を行う上で非常に大きな違いとなってきます。
基本的に、期間は三つに分かれています。短期、中期、長期ですね。
この三つは、全く異なる投資方法となる事もありますので、それぞれに特徴があります。例えば、短期での取引の場合は、デイトレードと呼ばれる一日で売買を全て成立させるなど、非常に忙しいトレードです。
その為、常にパソコンに張り付いていられる環境が必要でした。
中期、長期の場合は、現在の動きより、数ヶ月後、数年後の動きを読む必要があります。その為、現在のデータだけでは予測しきれない部分も多く、あらゆる要素をしっかりと分析しなくてはなりません。
また、一日の株価の上下動に心を動かされない強い精神が必要です。
基本的に、初心者の方はどの期間が向いている、というものは特にありません。
初心者の方でもデイトレードはできますし、長期的な運用もできます。
ただ、近年は初心者の方がデイトレードを行う傾向が強いようです。特に、大学生など、時間に余裕を持てる人が多いようです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 11:01 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思わぬ落とし穴に注意

外貨預金 株式投資
思わぬ落とし穴に注意

初心者の方が株取引を行う場合、必ず注意しなければならないのが、落とし穴です。落とし穴はどんな買い方をしていても、どんな市場であっても、どんなに慎重にしていても、必ず目の前に現れます。株式市場というのは、言ってみれば穴あきチーズのようなものです。
ぽこぽこ穴が開いているので、油断しているとすぐに落ちてしまいます。初心者の方は特に気をつける必要があるでしょう。では、どういった落とし穴があるのでしょうか。
一番は、仕手の存在でしょう。仕手というのは、短期の間に一つの銘柄の株を大量に買い、その銘柄に勢いがあると見せかけて他の投資家を集め、他の投資家がその銘柄を買い、株価が上がりきった所で購入した株を一気に売るという人たちです。
これがなぜ落とし穴なのかというと、もし株価がいきなり上がった銘柄があったら、やはり飛びつきたくなるのが心情ですよね。
その場合、もしそれが仕手の仕業だとわからなければ、どんどん上がる株価に心が浮つきます。
そして、こういう心理が働きます。「上がりきって、少し下がった時に売ろう」
これだと、後悔もなく高いポジションでの利益が確保できるように思えます。
しかし、仕手が一気に株を売り始めると、ほぼ確実に特売りになります。まず仕手自体の売る量が非常に多く、株価も急激に下がるので、それを見た投資家が売り注文を殺到させます。結果、特売りとなるのです。
そうなると、もう売り注文を出しても受け入れられません。結果、その株は元々の株価よりも大きく下げてしまう事になるでしょう。
こういった事が、株式市場では日常茶飯事です。初心者の方は、様々な落とし穴に注意しながらトレードを行う必要があるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 13:30 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証券会社の選び方 【セキュリティ編】

外貨預金 株式投資
証券会社の選び方 【セキュリティ編】

証券会社を選ぶ過程で、実は今一番重視しなくてはならないのは、セキュリティかもしれません。
先日もNHKのドキュメント番組で、とある証券会社が破綻し、その会社に口座を開設していた人のお金が返ってこなくなった、というお話を取り上げていました。
こういった事態になってしまうと、証券会社に預けていた資金全てがゼロとなってしまいます。
株取引の場合、株を買った銘柄が倒産し、その株が白紙同然になるという事は稀にあります。もっとも、これに関してはしっかりと情報管理をしていれば、ある程度回避はできます。
もちろん、ライブドアみたいなケースもあり、それを察知するというのは困難な事もありますが、それでも最悪その株が白紙になる程度で済みます。証券会社の倒産は、全ての資金がなくなります。これは、由々しき事態という表現だけでは表しきれません。一夜にして一文なしになってしまう可能性だってあるのです。
初心者の方は、このような事例を見ると、怖くて株取引なんてできないと思うかもしれません。実際、そういう怖さというのは初心者の方でなくとも持ち合わせているべきではあります。その恐怖が警戒心を生み、より慎重な選択を促すからです。ただ、あまり持ちすぎていると、何もできませんよね。
そのため、セキュリティがしっかりしている証券会社を選択すべきなのです。
多くの証券会社は、信託保全(信託分別管理)という方式を採用しています。これは、顧客の資産と自分の会社の資産を区分けして管理している方式の事です。これを行っている会社は、例え自社の資金が尽きて破綻したとしても、顧客の資金はそのまま残っており、払い戻しが可能となるシステムとなっています。
つまり、証券会社が潰れてもお金は戻ってくるということですね。このようなセキュリティをしっかりしている会社を、初心者の方は選ぶようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 12:49 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャピタルゲイン

外貨預金 株式投資
キャピタルゲイン

六本木ヒルズ.jpg


株で得する為の方法は、大きく分けて二つです。
一つはキャピタルゲイン、もう一つはインカムゲインです。インカムゲインも厳密に言えば二つあります。配当金と待遇サービスですね。
では、まずは初心者の方が一番ピンと来ないであろうキャピタルゲインからご説明しましょう。
キャピタルゲインというのは、株価の差を利用して利益を得る、差益と呼ばれるものです。これが、株取引における利益の最も基本的なものとなります。株価というのは、投資家がその会社につける値段と考えて良いでしょう。
現在の株価が500円の銘柄があるとします。この場合、500円という株価が成り立っているという事は、最も高く売りたいと考えている人が500〜501円で売ろうとしている状態、もしくは最も安く買おうとしている人が499〜500円で買おうとしている状態という事です。
もしこの株を500円で買いたいという人と、500円で売りたいという人がいれば、その株は500円で売買され、株価は500円のままです。
500円で買いたいという人がいなくて、一番高く見積もっている人が499円で買いたい、という場合は、売る側がいくら高く売りたくても、500円以上では売れません。
仕方なく売る側が妥協して499円で売買を成立させた時、その株は499円に下がります。
逆に、売る側が500円では売らない、501円だ、という場合、買う側がいくら500円で買おうとしても買えません。仕方なく501円で買った場合、501円が株価となります。
例えば、500円でその株を1万株買って、501円でその株を売ったとしましょう。
501円で買いたいという人が合計1万株分いれば、売買は成立します。そうすると、1円×1万株=1万円から手数料や税金を引いたお金が、差益となるのです。
初心者の方にとっては、最初はよくわからないかもしれません。ただ、ある程度見ていけばすぐわかります。
初心者の方にとっての最大の問題は、理解できるかどうかより、ゲーム感覚に陥らないか、という点のほうが問題かもしれません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 17:54 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式投資 【株初心者のための株式投資】





momobgyoko.JPG

株式投資 実は今がチャンス
 ┃
 ┣ 「株」って何?
 ┣ 何で得するの?
 ┣ キャピタルゲイン
 ┣ 配当金とは?
 ┣ 優遇サービスとは?
 ┣ 情報が命
 ┣ 儲ける為には
 ┣ 売買を始める前に
 ┣ 証券会社の選び方【手数料編】
    ┣ 証券会社の選び方【情報サービス編】
    ┣ 証券会社の選び方【サポート編】
    ┣ 証券会社の選び方【セキュリティ編】
    ┗証券会社の主な種類
 ┣ 実際に株を買う
 ┣ 買った株を売る
 ┣ 損切りを学ぼう
 ┣ 株取引の分析方法
 ┣ ファンダメンタル分析
 ┣ テクニカル分析
 ┣ 株投資の期間
 ┣ 短期の投資
 ┣ 中長期の投資
 ┣ 情報収集はどうやって?
 ┣ 銘柄は業績で選ぼう
 ┣ 銘柄はチャートを見て選ぶ
 ┣ 売るタイミングが一番難しい
 ┣ 口座資金をどう使うか
 ┣ 分散投資が有効
 ┗ 思わぬ落とし穴に注意

日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 13:11 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダントツのサポート体制を完備!成功するまで徹底サポート致します!
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。