元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金
外貨預金の10倍パワー!小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円

「MMF」とは

資産運用
「MMF」とは
外貨預金 株式投資


資産運用について皆さんは銀行などで相談したことはありますか?預金意外の資産運用ってなんだろう、と思いますよね。
そしてなんだか難しそうというイメージはどうしてもあるようです。
資産運用に関することで登場する用語として「MMF」というのがあります。
MMFとは略語になっているのですが、正しくは「マネー・マネジメント・ファンド」というのですが、どういうものかといいますと投資信託です。
証券会社などで取り扱っています。
元本の保証はありません。
ですが、元本割れはほとんどないと言われていますので、投資信託の中でも安全性は高いと言えるでしょう。
MMFは自己責任で行うので運用後の結果は自分次第というところはあります。
元本が必ず割れないとも断言できるものではありませんので、気をつけましょう。
他には満期がないというのが特徴のようです。
そして小額から運用することができます。
通常の私たちがよく利用している金融機関の定期預金ですと満期がありますよね。
定期預金を途中解約すると手数料が取られてしまいますが、満期解約ですと手数料は取られません。
ですが、満期解約までに待たなくてはいけません。
MMFの場合は翌日から解約が可能ということがメリットのようです。
為替レートの様子によってすぐに対応できるようになっているのでしょうね。
ただし翌日からの解約ができても解約手数料が発生してしまう期間がありますので、MMFを行う際には長い目で見て行うということが大事なようです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 05:00 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地の有効活用の方法 その2

外貨預金 株式投資 不動産投資
土地の有効活用の方法 その2


不動産投資としての土地の有効活用方法には、いくつかの種類があります。
ここでは、等価交換方式と定期借地権方式を説明しましょう。

・等価交換方式
保有している土地に不動産開発業者などが建物を建築し、完成後に土地・建物を、土地の保有者と建物の業者が分け合う方式。
等値交換は、土地と建物の交換、もしくは、譲渡と買い替えの取引となります。
土地の一部を処分して買い換えるので、事業資金を調達する必要がありません。
取得面積を少なくし、一部現金化も可能です。
部分譲渡では、土地の一部を業者に譲渡し、その対価として建物の一部を受け取ります。
全部譲渡では、土地全部を業者に譲渡し、その対価として土地共有部分付きで建物の一部を取得します。

・定期借地権方式
定期借地権とは、借地権の存続期間延長のない期間が定まった借地権のことです。
トラブルのないように、土地の登記には定期借地権の明記をしておく必要があります。
一定期間土地を貸すだけなので、建築費用や管理などの事業費用がほとんどかからない特徴があります。
一般定期借地権、建物譲渡特約付借地権、事業用借地権があります。
一般定期借地権の場合は、原則、期間終了時には、借主は建物を取り壊し現状に戻して明け渡すことになります。
ただし、借主と貸主が合意した場合には建物付きでの返却もできます。

不動産投資として土地をどのように活用するかは、様々の情報を得て、慎重に考え判断を行うようにしてください。

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 16:06 | Comment(1) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敷金トラブル

外貨預金 株式投資 不動産投資
敷金トラブル

不動産投資として、不動産の賃貸経営を行う場合に注意しておかなければならないことの1つは、敷金トラブルです。
不動産の賃貸契約の際の敷金は、不払いの家賃や室内を傷つけたりした場合に備えるもので、その費用を差し引いて退去後に返金するものです。
貸借人は、契約終了後に借りた不動産を原状回復して返還しなければなりませんが、通常使用での自然消耗は原状回復の範囲外と考えられています。
賃貸契約内容は当事者が自由に決めて良いものですので、リフォーム代などを支払う契約は合理性があって貸し手と借り手に合意があれば、その契約は有効です。
しかし、一方的で借り手に不利な契約は、民法や消費者契約法に基づいて無効とされています。
東京都では条例によって敷金トラブルの紛争防止のための条例が定められています。
国土交通省では、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という指針を示しています。
自然消耗とは、畳や壁の時間の経過による色あせ、家具の設置による畳のへこみなど、通常の生活による損耗のことです。
これらの自然消耗による損耗は家賃に含まれていると考えられるため、特約がなければ、自然消耗したものをリフォームするための費用を敷金から出す必要がないのです。
そして、その特約も借り手が理解して合意していなければなりません。
紛争となった場合には、貸し手と借り手が話し合いで解決するのが基本ですが、トラブルとならないためにも、貸す側の一方的な内容の契約にしない、必ず契約の際に説明をして合意を取るなどの行為が必要となります。
現物の不動産投資として賃貸を行う際には、このようなトラブルを未然に防止するような対策も必要とされるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

投資信託 デメリット(3)投資信託 投資信託の仕組み投資信託 基準価額投資信託 資料投資信託 公社債投資信託投資信託 郵便局で購入




posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 13:06 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン

外貨預金 投資信託 商品先物取引
ガソリン

2008年、日本列島を揺るがしたガソリン高騰は、今でも記憶に新しいでしょう。
第二次オイルショックとも呼ばれた2008年の夏。
ガソリン価格はそれまでの2倍に上がり、泣く泣く車を手放す方が多数出てくるくらい、日本国民の生活に多大な影響を及ぼしました。
そんなガソリンについても、商品先物取引では取り扱う事ができます。
ただ、上記のような事もある通り、ガソリン商品先物取引における価格変動は相当激しいですね。
それは、様々な外的要因によって価格が上下動するからです。
例えば、季節がかなり大きく影響してきます。ガソリンの需要が最も増えるのは、夏場です。
というのも、行楽シーズンという事で海などに車で出かける方が非常に多くなり、結果的に車の利用が増えるのです。
さらに、ガソリンは交通面における命綱なので、国内、海外の景気の影響もモロに受けます。
輸入、輸出の量が増えればガソリン消費も増えます。
逆もまた然りです。現在の世界の乗り物のほとんどは、ガソリンを利用して移動します。
それら全てにおいて、ガソリンの需要が成り立つという事になるのです。トラックやバスはもちろん、船もそうです。
つまり、観光客の減少や物品の持ち運びなど、あらゆる局面がガソリンの需要に影響するという事ですね。
商品先物取引においても、このガソリンというのは扱いが難しい商品と言えます。
しかし同時に、非常に大きな稼ぎになる銘柄ともいえるので、人気は高いのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 17:20 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆張り

外貨預金 株式投資 FX取引
逆張り

FXでしっかりお金を稼ぐためには、様々な戦略を張り巡らす必要があるでしょう。
社会情勢に耳を傾け、どの国がどのような状態にあるのか、という情報網に常に目を通る必要があります。
また、そういった分析以外にも、チャートを注意深く分析し、その後どう動いていくかを予測していく事も必要です。
そのような中、FX取引の一つである「逆張り」も、戦略の中の一つとして数えられるでしょう。
数多くの戦略的なものがあるFX取引の中にあって、この逆張りは一種の基本ともいえます。
逆張りとは、現在の市場の流れとは逆の買い方、売り方をする事です。
例えば、チャートを見る限り、ここ一月の間は下がり続けている為替があるとします。その為替を購入する、というのが、逆張りです。
FX取引でいうと下降トレンド状態のその為替を買う理由は、流れがもうすぐ変わることを予測してのものです。つまり、買われすぎであると判断したということですね。
それぞれの通貨には、適正価値というものがあります。それを超えた買われ方、売られ方をしている通貨には、この逆張りが有効なのです。
逆張りのポイントは、一つ先を言っているということです。
予測によって動くので、当然リスクはあります。しかし、いち早く変遷を読み、流れとは逆の売買を行って、実際にうまくその流れの変遷を読みきったとき、莫大な利益を得る事ができるでしょう。
しっかり分析をしておけば、大きな読み違いはしないかと思います。
とはいえ、ロスカットラインをある程度ゆとりを持って設定しないと、流れが変わる前に自動的に売られたりする事もあるので注意してください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IFD注文

外貨預金 株式投資 FX取引
IFD注文

FX取引には、様々な注文方法があります。
それはFX用語を調べれば明らかで、数多くの注文名がFX用語の中に含まれています。
注文方法が多いということは、それだけ戦略の幅が広がる事を意味します。
使いこなせなければ逆に混乱を招く事にもなりかねませんが、この不況の中、常にリスクの軽減を念頭に入れながら注文を出す事は必須であり、そういった注文方法が多いということは、それだけ不況時でも運用しやすいと言えるのではないでしょうか。
ここでは、FX用語の一つでもある「IFD注文」についてご説明しましょう。

IFD注文とは、「If Done」注文の略です。
Ifというのは、ご存知「もし?なら」という意味の英単語ですね。
それが意味するとおり、この注文は、まず指値注文を出し、もしその指値注文約定したら、その次の注文が発動する、という形の注文方法です。
わかりやすく例を挙げてみます。
例えば、1ドル=92円50銭の相場の際、1,000ドルで92,200円を購入しようと考えているとします。
この場合、92円20銭に1,000ドル分の買い注文を出すわけです。
普通に指値注文を出していた場合は、実際に92円20銭になったら自動的に購入できますが、そこまでです。
一方、IFD注文の場合、「92円20銭になったら1,000ドル分購入し、その後92円80銭にドルが上がったら1,000ドル売る」という注文が可能なのです。
こうしておくと、実際に92,200円をドルで購入した後、更に為替レートが変動し、92円80銭になった時に自動的にそのドルは売られ、92,800円が手元に入るということになります。
これがIFD注文です。
つまり、買って売るという一連の流れを一つの注文でまとめてできるというわけです。
会社勤めで日中は注文が出来ない、という方にお勧めです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 口座資金をどう使うか 株式投資 分散投資が有効株式投資 思わぬ落とし穴に注意

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 14:22 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスクヘッジ

外貨預金 株式投資 FX取引
リスクヘッジ

FXの世界は、比較的経済状況が悪い時期にチャンスが来ると言われています。経済が悪化すれば、その分買いやすい値段で各国の通貨が購入できるからです。
とは言え、状況が悪い時期にはそれだけリスクが生まれます。
株と違い、銘柄そのものが潰れるという事はないにせよ、リーマンショックのように、大手金融会社が破綻するなどという事もありえるのです。
こういったリスクも含め、不況時のFXは通常以上にリスク管理が重要なります。
そんなリスク管理において、リスクを極力減らすための方法をリスクヘッジと呼んでいます。また、ヘッジというFX用語もありますが、このFX用語も同じような意味ですね。こういった意味の同じFX用語はできるだけセットで覚えておくといいでしょう。
話をリスクヘッジに戻すと、これこそがFXにおける最も重要な事項と言えます。ロスカットリスクヘッジの一つであり、最も有効なリスクヘッジと言えます。
つまり、リスクヘッジというのは、損をしないための方法ではなく、損を最小限に抑えるための方法です。
例えば、あまり欲張らずに買い控えるというのも、リスクヘッジの一つです。
分散投資や注文の工夫で、大きく儲けるよりも堅実に、という姿勢をとるのも、立派なリスクヘッジです。
FXを行うなら、景気に関わらず、まずリスクヘッジをしっかり一通り頭に入れることが重要です。様々な方法があるので、最初は混乱するかもしれませんが、これらを軽視するといくら最初は好調でも後で必ず大きな大どんでん返しにあいます。
そうならないよう、保険をしっかりかけておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 銘柄は業績で選ぼう 株式投資 銘柄はチャートを見て選ぶ 株式投資 売るタイミングが一番難しい



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 11:08 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引の証拠金

外貨預金 株式投資 商品先物取引
商品先物取引の証拠金

商品先物取引に限った事ではありませんが、金融取引はまず取引を委託する会社に対して口座を設け、そこに証拠金を入れることで、初めて取引が可能となります。
証拠金というのは、資金であり、担保でもあると考えてください。
現物取引の場合はそのまま資金となりますが、これを元手にその何倍もの金額の取引を行う、信用取引やレバレッジなどといった場合には、その証拠金が担保として機能するわけです。
その為、証拠金が足りなくなると新たに追加するよう請求されます。
商品先物取引の場合、証拠金は主に4種類あるといわれています。
まず、「取引本証拠金」と呼ばれる証拠金です。
本証という呼ばれ方をします。通常の、基本となる証拠金の事ですね。
次に、「取引追証拠金」です。
追証と呼ばれるこの証拠金は、前述した追加分の証拠金の事です。
現在の取引における含み損によって元々の本証の50%以下になった場合、取引を続行する為には証拠金を追加して額を増やす必要が出てきます。
これが追証です。
みっつ目は「取引定時増証拠金」です。
定増と呼ばれている取引定時増証拠金は、当月限の場合のみ適用される証拠金です。
当月限だと値幅制限が解除されるため、価格変動が非常に大きくなるので、そのために証拠金が増額されるというわけです。
最後に、「取引臨時増証拠金」ですね。
これは臨増と呼ばれるものですが、相場変動が激化、若しくはその気配がある祭に、取引所判断で臨時に徴収される証拠金となります。
商品先物取引を行うのは、これらの証拠金についてしっかりと覚えておく必要があるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:45 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引のメリット(2)

外貨預金 株式投資
商品先物取引のメリット(2)

商品先物取引の場合、株の信用取引やFXとよく似たメリットがある一方、FXより有利な点もあります。
例えば、信用取引の場合、口座にあるお金よりも多くの金額を使った取引が可能ですが、その保証金に金利負担がかかります。
しかし、商品先物取引の場合は金利負担がありません。
負担が軽くて済むという事です。そして次は先物取引ではなく商品先物取引独自のメリットです。これは当然、取り扱う商品の性質がものをいうメリットですね。
商品先物取引では多くの商品を取り扱いますが、その中には非常に価格変動が大きなものが数多くあります。
その中でも特に動きやすいのは、ガソリン、灯油、アルミニウムといったところでしょうか。
特に、ガソリンと灯油は身をもって体験した方が多いでしょう。これだけ価格がダイナミックに変動するというのは、変動が激しいと言われている株式市場の銘柄においてもなかなかお目にかかれません。
そういう意味では、大きな博打を打ちたいという方には向いている商品と言えます。
価格変動が激しい商品があるという事は、それだけ短期間で大きな稼ぎが期待できるという事です。
長期の取引が苦手という方には、この商品先物取引は向いていると言えるでしょう。
また、短期が向いていないという方は、価格の変動が少ない商品を選べばそれでOKなので、自分にあった取引ができるだけのラインナップが揃っているという点が魅力と言えます。
非常にメリットが多い取引と言えるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:07 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX用語 塩漬け

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
≫FX用語 塩漬け

外貨預金という商品
【明細記事】


お肌の潤いに、ヒアルロン酸『皇潤』

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 12:58 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の指数 その2

外貨預金 インデックスファンド
世界の指数 その2
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 20:50 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易とは

外貨預金選択のポイント 貿易
貿易とは
http://shigotono-hosomichi.seesaa.net/article/114782551.html

横浜開港.jpg

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 11:46 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダントツのサポート体制を完備!成功するまで徹底サポート致します!
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。