元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金
外貨預金の10倍パワー!小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円

分散投資

分散投資が有効
外貨預金 株式投資

株取引において、一つの銘柄に全ての資金を投資するのは非常に危険です。
一番の理由は、いわゆる経営破綻です。
経営が破綻した会社は、民事再生法を適用する事になりますが、それが発表される頃には株価は信じられない速度で急落しています。よって、どのような会社であっても、急激に株価を落とす可能性はあります。


株式投資これだけはやってはいけない (日経ビジネス人文庫 (と3-1))
 豊富な情報・・
的確な相場分析・・
売買テクニック伝授!!「グレイルNET」



その際、損切りの為の売り注文を出しているから問題なし、と思っていると、痛い思いをします。
こういった売り注文が殺到するケースでは、特売りとなり、注文を一時受け付けない状況になるからです。そうなると、一度ラインを過ぎた注文が受理される事はなく、延々と株価が下がっていき、大損する様を見守るしかできません。
このようなケースは決して珍しくはないのです。
それを防ぐ一番の方法は、分散投資です。つまり、一つの銘柄に集中させるのではなく、複数の銘柄を購入して、管理していく方法です。
これだと、例え一つの銘柄が破綻や急落した場合でも、資金の損失はかなり少なくてすみます。
もちろん、一発当てようという人にしてみれば、絶対的に自信ある銘柄に全てを注入したいところでしょう。
そういう買い方もあります。しかし、初心者の方はそれをすべきではありません。
まずは堅実に、損失を最小限に抑えていく取引を行い、徐々に様々な事を覚えていく事が望ましいです。
初心者の方は、急落していく株に対してとてつもない不安とストレスを覚えます。その為、そういった状況に陥って日常生活や仕事に多大な影響を及ぼしかねません。
そういった観点からも、リスク管理の代表とも言える分散投資を強くお勧めします。
初心者でなくとも、分散投資は多くの人が行っている方法です。

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

  • 作者: ジム クレイマー
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 07:52 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。