元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金
外貨預金の10倍パワー!小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円

外貨預金とFXとの違い

【新生銀行の円定期】5年もの100万円以上の場合 年1.7%(税引前)  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

外貨預金選択のポイント
外貨預金とFXとの違い

FXから外貨預金まで 図解で覚える 外貨投資50の法則

FXから外貨預金まで 図解で覚える 外貨投資50の法則

  • 作者: 横尾 寧子
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2008/09/19
  • メディア: 単行本


外為法改正により、当初人気だったのは外貨預金でした。その後、外国為替保証金取引(FX)が人気になってきたのです。
外貨預金とFXの違いについてご説明します。
外貨預金は高い預金利息を狙います。FXはスワップ金利などで、2通貨の金利差を狙って利益を得ます。
具体的な違いをみていきます。外貨預金の取扱業者は、銀行。FXの取扱業者は証券会社や銀行などです。
取引については、外貨預金は、「買い」のみ。「ドル」を買って預金します。外貨が上昇したときのみ利益を得られます。
FXは「売り」「買い」両方行えるので、柔軟に為替に対応できます。
為替レートについては、外貨預金は1日1回決められる固定のレート。
FXは常に変動しています。レートの上昇下降状況に応じて柔軟に取引できます。レート情報は、パソコンや携帯電話からいつでも確認することもできるのです。
為替手数料は、外貨預金よりFXの方が10分の1〜20分の1程度と断然安くなっています。取引時間も、外貨預金は銀行営業時間のみ。それに対し、FXは24時間行えます。
FXには、レバレッジという元金の数倍を賭けることができます。その分大きな取引を行うことができるのです。
同時にリスクも伴いますが、うまく運用すれば大きな儲けを得ることができます。しかしながら、外貨預金にもメリットはあります。
外貨預金は、「高金利」ということです。日本は「超低金利国」です。
ですから、金利が高い外国の通貨で預金すると日本の預金の何十倍もの金利がつくことがあります。短期間では大きな利益は難しいです。
しかし長期間に渡って行う場合は大きな儲けを得ることもできるのです。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 17:58 | Comment(0) | 外貨預金の為替とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。