元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金
外貨預金の10倍パワー!小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円

外貨預金の為替とは

外貨預金をするには為替変動リスクというリスクがあり、これは為替の変動によって生じた為替差損がでてしまう可能性があるリスクになります。

どういったときに感じるリスクかと言うと、預入時の為替相場と引出し時の為替相場が円安になっている場合には為替差益という利益が生じますが、逆に引出し時に円高になっていると為替差損という損失が生じてしまいます。
為替差損が生じてしまうと、預入時の円より受け取り時の円が少なくなってしまうのです。

この「為替変動リスク」を回避するために有効なのが「為替予約」というものです。
これは満期予定日に合わせて外貨を円に切り替える際のレートを予約するというものです。これにより満期日に受け取れる金額を事前に決定させることができます。

ただしこの為替予約は一度予約を締結させてしまうと解約や、取り消し処理ができませんので注意する必要があります。

為替の相場についてですが、外貨を預け入れるとき、つまり円から外貨に換金するときの為替レートをTTSレートと呼びます。
次に外貨を引き出すとき、つまり外貨から円に換金するときの為替レートをTTBレートと呼びます。

外貨預金で利益を出すには為替差益をだすことが挙げられますが、この為替差益をだすためには引出し時のTTBレートが預入時のTTSレートより高いこと、つまり円安になっていることが条件となります。
逆に円高になってしまうと為替差損が生じて損をしてしまうことになります。



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金の為替とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。