元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金
外貨預金の10倍パワー!小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円

外貨預金に使用できる通貨の種類

外貨預金で使える通貨の種類というのはいったいどれくらいあるのでしょうか?

国内にある金融機関や海外銀行の日本支店などで扱っている外貨預金通貨の種類には本当に様々な通貨が取り扱われています。一般的なものと言ったらやっぱり「米国ドル」ではないでしょうか。また近年新しく出た「ユーロ(ヨーロッパ)」なども一般的になっています。

また以下のような通貨も扱われているようです。
・イギリスのポンド
・ニュージーランドドル
・オーストラリアドル
・スイスのフラン
・香港ドル
・タイバーツ
・韓国のウォン
・中国の元
まだまだたくさんあると思います。

外貨預金を行なう上で重要なポイントとなるのは対象とする通貨の世界への流通量なのではないかと思います。もし流通量が多い通貨であれば、その通貨に対する情報というのはかなり豊富に取り扱われているところが多いです。そのため、為替レートなど動向を見極めやすいというメリットがあるのではないかと思います。また為替相場の安定も比較的見込めやすいのではないかと思います。

逆に世界への流通量が少ない通貨については為替レートが増減する可能性が比較的高くて不安定な状況になると思います。また銀行でそういった通貨が取り扱われるために手数料も高い場合があります。その辺も見越して通貨の種類を選択する必要がありそうです。

そういったデメリットを考えて、最初に外貨預金をするのであれば「米国ドル」や「ユーロ」など比較的流通量が多い通貨を選択するのがいいのではないかと思います。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 使用できる通貨の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。