元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金

敷金トラブル

外貨預金 株式投資 不動産投資
敷金トラブル

不動産投資として、不動産の賃貸経営を行う場合に注意しておかなければならないことの1つは、敷金トラブルです。
不動産の賃貸契約の際の敷金は、不払いの家賃や室内を傷つけたりした場合に備えるもので、その費用を差し引いて退去後に返金するものです。
貸借人は、契約終了後に借りた不動産を原状回復して返還しなければなりませんが、通常使用での自然消耗は原状回復の範囲外と考えられています。
賃貸契約内容は当事者が自由に決めて良いものですので、リフォーム代などを支払う契約は合理性があって貸し手と借り手に合意があれば、その契約は有効です。
しかし、一方的で借り手に不利な契約は、民法や消費者契約法に基づいて無効とされています。
東京都では条例によって敷金トラブルの紛争防止のための条例が定められています。
国土交通省では、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という指針を示しています。
自然消耗とは、畳や壁の時間の経過による色あせ、家具の設置による畳のへこみなど、通常の生活による損耗のことです。
これらの自然消耗による損耗は家賃に含まれていると考えられるため、特約がなければ、自然消耗したものをリフォームするための費用を敷金から出す必要がないのです。
そして、その特約も借り手が理解して合意していなければなりません。
紛争となった場合には、貸し手と借り手が話し合いで解決するのが基本ですが、トラブルとならないためにも、貸す側の一方的な内容の契約にしない、必ず契約の際に説明をして合意を取るなどの行為が必要となります。
現物の不動産投資として賃貸を行う際には、このようなトラブルを未然に防止するような対策も必要とされるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

投資信託 デメリット(3)投資信託 投資信託の仕組み投資信託 基準価額投資信託 資料投資信託 公社債投資信託投資信託 郵便局で購入




posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 13:06 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン

外貨預金 投資信託 商品先物取引
ガソリン

2008年、日本列島を揺るがしたガソリン高騰は、今でも記憶に新しいでしょう。
第二次オイルショックとも呼ばれた2008年の夏。
ガソリン価格はそれまでの2倍に上がり、泣く泣く車を手放す方が多数出てくるくらい、日本国民の生活に多大な影響を及ぼしました。
そんなガソリンについても、商品先物取引では取り扱う事ができます。
ただ、上記のような事もある通り、ガソリン商品先物取引における価格変動は相当激しいですね。
それは、様々な外的要因によって価格が上下動するからです。
例えば、季節がかなり大きく影響してきます。ガソリンの需要が最も増えるのは、夏場です。
というのも、行楽シーズンという事で海などに車で出かける方が非常に多くなり、結果的に車の利用が増えるのです。
さらに、ガソリンは交通面における命綱なので、国内、海外の景気の影響もモロに受けます。
輸入、輸出の量が増えればガソリン消費も増えます。
逆もまた然りです。現在の世界の乗り物のほとんどは、ガソリンを利用して移動します。
それら全てにおいて、ガソリンの需要が成り立つという事になるのです。トラックやバスはもちろん、船もそうです。
つまり、観光客の減少や物品の持ち運びなど、あらゆる局面がガソリンの需要に影響するという事ですね。
商品先物取引においても、このガソリンというのは扱いが難しい商品と言えます。
しかし同時に、非常に大きな稼ぎになる銘柄ともいえるので、人気は高いのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 17:20 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆張り

外貨預金 株式投資 FX取引
逆張り

FXでしっかりお金を稼ぐためには、様々な戦略を張り巡らす必要があるでしょう。
社会情勢に耳を傾け、どの国がどのような状態にあるのか、という情報網に常に目を通る必要があります。
また、そういった分析以外にも、チャートを注意深く分析し、その後どう動いていくかを予測していく事も必要です。
そのような中、FX取引の一つである「逆張り」も、戦略の中の一つとして数えられるでしょう。
数多くの戦略的なものがあるFX取引の中にあって、この逆張りは一種の基本ともいえます。
逆張りとは、現在の市場の流れとは逆の買い方、売り方をする事です。
例えば、チャートを見る限り、ここ一月の間は下がり続けている為替があるとします。その為替を購入する、というのが、逆張りです。
FX取引でいうと下降トレンド状態のその為替を買う理由は、流れがもうすぐ変わることを予測してのものです。つまり、買われすぎであると判断したということですね。
それぞれの通貨には、適正価値というものがあります。それを超えた買われ方、売られ方をしている通貨には、この逆張りが有効なのです。
逆張りのポイントは、一つ先を言っているということです。
予測によって動くので、当然リスクはあります。しかし、いち早く変遷を読み、流れとは逆の売買を行って、実際にうまくその流れの変遷を読みきったとき、莫大な利益を得る事ができるでしょう。
しっかり分析をしておけば、大きな読み違いはしないかと思います。
とはいえ、ロスカットラインをある程度ゆとりを持って設定しないと、流れが変わる前に自動的に売られたりする事もあるので注意してください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IFD注文

外貨預金 株式投資 FX取引
IFD注文

FX取引には、様々な注文方法があります。
それはFX用語を調べれば明らかで、数多くの注文名がFX用語の中に含まれています。
注文方法が多いということは、それだけ戦略の幅が広がる事を意味します。
使いこなせなければ逆に混乱を招く事にもなりかねませんが、この不況の中、常にリスクの軽減を念頭に入れながら注文を出す事は必須であり、そういった注文方法が多いということは、それだけ不況時でも運用しやすいと言えるのではないでしょうか。
ここでは、FX用語の一つでもある「IFD注文」についてご説明しましょう。

IFD注文とは、「If Done」注文の略です。
Ifというのは、ご存知「もし?なら」という意味の英単語ですね。
それが意味するとおり、この注文は、まず指値注文を出し、もしその指値注文約定したら、その次の注文が発動する、という形の注文方法です。
わかりやすく例を挙げてみます。
例えば、1ドル=92円50銭の相場の際、1,000ドルで92,200円を購入しようと考えているとします。
この場合、92円20銭に1,000ドル分の買い注文を出すわけです。
普通に指値注文を出していた場合は、実際に92円20銭になったら自動的に購入できますが、そこまでです。
一方、IFD注文の場合、「92円20銭になったら1,000ドル分購入し、その後92円80銭にドルが上がったら1,000ドル売る」という注文が可能なのです。
こうしておくと、実際に92,200円をドルで購入した後、更に為替レートが変動し、92円80銭になった時に自動的にそのドルは売られ、92,800円が手元に入るということになります。
これがIFD注文です。
つまり、買って売るという一連の流れを一つの注文でまとめてできるというわけです。
会社勤めで日中は注文が出来ない、という方にお勧めです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 口座資金をどう使うか 株式投資 分散投資が有効株式投資 思わぬ落とし穴に注意

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 14:22 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスクヘッジ

外貨預金 株式投資 FX取引
リスクヘッジ

FXの世界は、比較的経済状況が悪い時期にチャンスが来ると言われています。経済が悪化すれば、その分買いやすい値段で各国の通貨が購入できるからです。
とは言え、状況が悪い時期にはそれだけリスクが生まれます。
株と違い、銘柄そのものが潰れるという事はないにせよ、リーマンショックのように、大手金融会社が破綻するなどという事もありえるのです。
こういったリスクも含め、不況時のFXは通常以上にリスク管理が重要なります。
そんなリスク管理において、リスクを極力減らすための方法をリスクヘッジと呼んでいます。また、ヘッジというFX用語もありますが、このFX用語も同じような意味ですね。こういった意味の同じFX用語はできるだけセットで覚えておくといいでしょう。
話をリスクヘッジに戻すと、これこそがFXにおける最も重要な事項と言えます。ロスカットリスクヘッジの一つであり、最も有効なリスクヘッジと言えます。
つまり、リスクヘッジというのは、損をしないための方法ではなく、損を最小限に抑えるための方法です。
例えば、あまり欲張らずに買い控えるというのも、リスクヘッジの一つです。
分散投資や注文の工夫で、大きく儲けるよりも堅実に、という姿勢をとるのも、立派なリスクヘッジです。
FXを行うなら、景気に関わらず、まずリスクヘッジをしっかり一通り頭に入れることが重要です。様々な方法があるので、最初は混乱するかもしれませんが、これらを軽視するといくら最初は好調でも後で必ず大きな大どんでん返しにあいます。
そうならないよう、保険をしっかりかけておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 銘柄は業績で選ぼう 株式投資 銘柄はチャートを見て選ぶ 株式投資 売るタイミングが一番難しい



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 11:08 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引の証拠金

外貨預金 株式投資 商品先物取引
商品先物取引の証拠金

商品先物取引に限った事ではありませんが、金融取引はまず取引を委託する会社に対して口座を設け、そこに証拠金を入れることで、初めて取引が可能となります。
証拠金というのは、資金であり、担保でもあると考えてください。
現物取引の場合はそのまま資金となりますが、これを元手にその何倍もの金額の取引を行う、信用取引やレバレッジなどといった場合には、その証拠金が担保として機能するわけです。
その為、証拠金が足りなくなると新たに追加するよう請求されます。
商品先物取引の場合、証拠金は主に4種類あるといわれています。
まず、「取引本証拠金」と呼ばれる証拠金です。
本証という呼ばれ方をします。通常の、基本となる証拠金の事ですね。
次に、「取引追証拠金」です。
追証と呼ばれるこの証拠金は、前述した追加分の証拠金の事です。
現在の取引における含み損によって元々の本証の50%以下になった場合、取引を続行する為には証拠金を追加して額を増やす必要が出てきます。
これが追証です。
みっつ目は「取引定時増証拠金」です。
定増と呼ばれている取引定時増証拠金は、当月限の場合のみ適用される証拠金です。
当月限だと値幅制限が解除されるため、価格変動が非常に大きくなるので、そのために証拠金が増額されるというわけです。
最後に、「取引臨時増証拠金」ですね。
これは臨増と呼ばれるものですが、相場変動が激化、若しくはその気配がある祭に、取引所判断で臨時に徴収される証拠金となります。
商品先物取引を行うのは、これらの証拠金についてしっかりと覚えておく必要があるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:45 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口座資金をどう使うか

外貨預金 株式投資
口座資金をどう使うか

株式投資を行う上で、まず口座に資金を投入しますよね。最低でも10万円、できれば100万円くらい入れておきたいところです。
株というのは、最も少ない金額で購入可能な銘柄ならば、数百円、あるいは数十円で購入できます。
もちろん、数十円で買った株が数万円、数十万円になる事はまずありません。ですので、最低限「株で利益を出す」為に取引を行うならば、10万円くらいは持っておいたほうが良いでしょう。
また、逆にあらゆる銘柄を購入できる資金を用意して、取引の幅を最大限にしたいという場合は、1,000万円近くないといけません。
日本銀行や任天堂、花王といった所の株は最低でも200万円以上持っていないと株は買えません。
そこで、全銘柄の90%を購入可能な金額はいくらかというと、50万円くらいです。50万円あれば、大体の銘柄が購入可能ということですね。
では、仮にこの50万円を口座に入れたとしましょう。そこで、どのような使い方をするのが望ましいでしょうか?
もちろん、沢山のお金をつぎ込めば、より多くのリターンが期待できます。例えば、株価が50,000円の株を10株買って、この株価が51,000円になったら、1万円(実際は手数料や税金が引かれるのでもっと少ない)の利益になります。しかし、これが5株しか買っていなかったら、5,000円になります。
多くのお金を稼ぎたい人は、多くのお金をつぎ込みたいところでしょう。よって、初心者の方は、口座にある全てのお金を使って取引を行いたがります。
しかし、これは有効ではありません。理由は複数あります。
まず、リスク管理の面から行って、全てのお金を株購入に使用するというのは、いざというときに困る事になりかねません。
また、例えばもしある銘柄に全額投資したとして、その後に更に魅力的な銘柄が出てきた場合、最初に購入した株を売らないと、後で見つけた銘柄を買う資金がありません。
ここで銀行などの貯金を下ろして証券会社の口座に追加するという手もありますが、これが、一番初心者が大損するパターンです。
初心者の方は、証券会社の口座以上のお金を使わないようにすべきです
こういった観点から、出来れば余力を残した状態での株式投資をお勧めします。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 北海道旅行春旅行 こだわりの宿春旅行 こだわりの宿(2)


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 10:10 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引のメリット(2)

外貨預金 株式投資
商品先物取引のメリット(2)

商品先物取引の場合、株の信用取引やFXとよく似たメリットがある一方、FXより有利な点もあります。
例えば、信用取引の場合、口座にあるお金よりも多くの金額を使った取引が可能ですが、その保証金に金利負担がかかります。
しかし、商品先物取引の場合は金利負担がありません。
負担が軽くて済むという事です。そして次は先物取引ではなく商品先物取引独自のメリットです。これは当然、取り扱う商品の性質がものをいうメリットですね。
商品先物取引では多くの商品を取り扱いますが、その中には非常に価格変動が大きなものが数多くあります。
その中でも特に動きやすいのは、ガソリン、灯油、アルミニウムといったところでしょうか。
特に、ガソリンと灯油は身をもって体験した方が多いでしょう。これだけ価格がダイナミックに変動するというのは、変動が激しいと言われている株式市場の銘柄においてもなかなかお目にかかれません。
そういう意味では、大きな博打を打ちたいという方には向いている商品と言えます。
価格変動が激しい商品があるという事は、それだけ短期間で大きな稼ぎが期待できるという事です。
長期の取引が苦手という方には、この商品先物取引は向いていると言えるでしょう。
また、短期が向いていないという方は、価格の変動が少ない商品を選べばそれでOKなので、自分にあった取引ができるだけのラインナップが揃っているという点が魅力と言えます。
非常にメリットが多い取引と言えるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:07 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株投資の期間

外貨預金 株式投資
株投資の期間

株式投資には、株を所持する期間によってそのスタイルが分かれます。というのも、株というのは、どれだけの期間でどれだけの変動がある、というものが銘柄、あるいは市場によって大きく異なるのです。
その為、長い期間持つのか、短い期間持つのかで、向いている銘柄、市場、あるいは分野というのが全く異なってきます。当然、戦略も大きく変わってくるわけです。よって、購入した株をどれくらいの期間持つかというのは、株取引を行う上で非常に大きな違いとなってきます。
基本的に、期間は三つに分かれています。短期、中期、長期ですね。
この三つは、全く異なる投資方法となる事もありますので、それぞれに特徴があります。例えば、短期での取引の場合は、デイトレードと呼ばれる一日で売買を全て成立させるなど、非常に忙しいトレードです。
その為、常にパソコンに張り付いていられる環境が必要でした。
中期、長期の場合は、現在の動きより、数ヶ月後、数年後の動きを読む必要があります。その為、現在のデータだけでは予測しきれない部分も多く、あらゆる要素をしっかりと分析しなくてはなりません。
また、一日の株価の上下動に心を動かされない強い精神が必要です。
基本的に、初心者の方はどの期間が向いている、というものは特にありません。
初心者の方でもデイトレードはできますし、長期的な運用もできます。
ただ、近年は初心者の方がデイトレードを行う傾向が強いようです。特に、大学生など、時間に余裕を持てる人が多いようです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 11:01 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の海外旅行の段取り

外貨預金 株式投資 海外春旅行
春の海外旅行の段取り

syanhai.jpg


最近の為替市場は円がほぼ全ての外貨に対して過去を見ても、稀にしかないレベルの円高です。例えばエクスペディアなどでは、 同じ仕入れ価格のホテルも日本円で安くなるので、事前に時間をかけて、ネットで色々調べてみる価値があります。
春は今までの思い出とともに、新しい門出でもあり、海外旅行に出る方も多いと思いますが、段取りが一番大事で、段取りさえきちんとしておけば、あとは楽しむだけですね。
沢山の日常で行うことから、急用ではないけど、重要なこと・・が、この旅行へ向けての段取りです。スケジュールを以下にまとめてみました。
1ヵ月半前・・・・ツアー/航空券申込み・クレジットカード申込み・パスポート申請・現地情報の収集(ネットなどで現地情報収集、現地滞在の知識と準備)
1ヶ月前・・・・必要な方のみ、ビザ申請・旅行代金納入
2週間前・・・・汚染地域に行く方は必ず、予防接種・ユースホステル会員証・国際学生証(ICIS)を申し込む
10日前・・・・現地の気候を調べた後、レンタル用品、服装や荷物をリストアップ ・現地通貨、トラベラーズチェックを手配・海外旅行傷害保険申込み
一週間前・・・・・・海外荷物託配サービス申込み・レンタル用品申込み・空港駐車場予約(必要な場合のみ)空港までの経路も決める・国際運転免許証申込み
そして、荷物チェックも念入りに。すべて紙に書き出すことで、頭の中の交通整理が出来ます。ひとつひとつチェックすることで、安心につながりますので、やってみてはいかがでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

宿ぷらざ


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 17:52 | Comment(0) | 外貨・為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思わぬ落とし穴に注意

外貨預金 株式投資
思わぬ落とし穴に注意

初心者の方が株取引を行う場合、必ず注意しなければならないのが、落とし穴です。落とし穴はどんな買い方をしていても、どんな市場であっても、どんなに慎重にしていても、必ず目の前に現れます。株式市場というのは、言ってみれば穴あきチーズのようなものです。
ぽこぽこ穴が開いているので、油断しているとすぐに落ちてしまいます。初心者の方は特に気をつける必要があるでしょう。では、どういった落とし穴があるのでしょうか。
一番は、仕手の存在でしょう。仕手というのは、短期の間に一つの銘柄の株を大量に買い、その銘柄に勢いがあると見せかけて他の投資家を集め、他の投資家がその銘柄を買い、株価が上がりきった所で購入した株を一気に売るという人たちです。
これがなぜ落とし穴なのかというと、もし株価がいきなり上がった銘柄があったら、やはり飛びつきたくなるのが心情ですよね。
その場合、もしそれが仕手の仕業だとわからなければ、どんどん上がる株価に心が浮つきます。
そして、こういう心理が働きます。「上がりきって、少し下がった時に売ろう」
これだと、後悔もなく高いポジションでの利益が確保できるように思えます。
しかし、仕手が一気に株を売り始めると、ほぼ確実に特売りになります。まず仕手自体の売る量が非常に多く、株価も急激に下がるので、それを見た投資家が売り注文を殺到させます。結果、特売りとなるのです。
そうなると、もう売り注文を出しても受け入れられません。結果、その株は元々の株価よりも大きく下げてしまう事になるでしょう。
こういった事が、株式市場では日常茶飯事です。初心者の方は、様々な落とし穴に注意しながらトレードを行う必要があるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 13:30 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証券会社の選び方 【セキュリティ編】

外貨預金 株式投資
証券会社の選び方 【セキュリティ編】

証券会社を選ぶ過程で、実は今一番重視しなくてはならないのは、セキュリティかもしれません。
先日もNHKのドキュメント番組で、とある証券会社が破綻し、その会社に口座を開設していた人のお金が返ってこなくなった、というお話を取り上げていました。
こういった事態になってしまうと、証券会社に預けていた資金全てがゼロとなってしまいます。
株取引の場合、株を買った銘柄が倒産し、その株が白紙同然になるという事は稀にあります。もっとも、これに関してはしっかりと情報管理をしていれば、ある程度回避はできます。
もちろん、ライブドアみたいなケースもあり、それを察知するというのは困難な事もありますが、それでも最悪その株が白紙になる程度で済みます。証券会社の倒産は、全ての資金がなくなります。これは、由々しき事態という表現だけでは表しきれません。一夜にして一文なしになってしまう可能性だってあるのです。
初心者の方は、このような事例を見ると、怖くて株取引なんてできないと思うかもしれません。実際、そういう怖さというのは初心者の方でなくとも持ち合わせているべきではあります。その恐怖が警戒心を生み、より慎重な選択を促すからです。ただ、あまり持ちすぎていると、何もできませんよね。
そのため、セキュリティがしっかりしている証券会社を選択すべきなのです。
多くの証券会社は、信託保全(信託分別管理)という方式を採用しています。これは、顧客の資産と自分の会社の資産を区分けして管理している方式の事です。これを行っている会社は、例え自社の資金が尽きて破綻したとしても、顧客の資金はそのまま残っており、払い戻しが可能となるシステムとなっています。
つまり、証券会社が潰れてもお金は戻ってくるということですね。このようなセキュリティをしっかりしている会社を、初心者の方は選ぶようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 12:49 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャピタルゲイン

外貨預金 株式投資
キャピタルゲイン

六本木ヒルズ.jpg


株で得する為の方法は、大きく分けて二つです。
一つはキャピタルゲイン、もう一つはインカムゲインです。インカムゲインも厳密に言えば二つあります。配当金と待遇サービスですね。
では、まずは初心者の方が一番ピンと来ないであろうキャピタルゲインからご説明しましょう。
キャピタルゲインというのは、株価の差を利用して利益を得る、差益と呼ばれるものです。これが、株取引における利益の最も基本的なものとなります。株価というのは、投資家がその会社につける値段と考えて良いでしょう。
現在の株価が500円の銘柄があるとします。この場合、500円という株価が成り立っているという事は、最も高く売りたいと考えている人が500〜501円で売ろうとしている状態、もしくは最も安く買おうとしている人が499〜500円で買おうとしている状態という事です。
もしこの株を500円で買いたいという人と、500円で売りたいという人がいれば、その株は500円で売買され、株価は500円のままです。
500円で買いたいという人がいなくて、一番高く見積もっている人が499円で買いたい、という場合は、売る側がいくら高く売りたくても、500円以上では売れません。
仕方なく売る側が妥協して499円で売買を成立させた時、その株は499円に下がります。
逆に、売る側が500円では売らない、501円だ、という場合、買う側がいくら500円で買おうとしても買えません。仕方なく501円で買った場合、501円が株価となります。
例えば、500円でその株を1万株買って、501円でその株を売ったとしましょう。
501円で買いたいという人が合計1万株分いれば、売買は成立します。そうすると、1円×1万株=1万円から手数料や税金を引いたお金が、差益となるのです。
初心者の方にとっては、最初はよくわからないかもしれません。ただ、ある程度見ていけばすぐわかります。
初心者の方にとっての最大の問題は、理解できるかどうかより、ゲーム感覚に陥らないか、という点のほうが問題かもしれません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 17:54 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金とFXとの違い

【新生銀行の円定期】5年もの100万円以上の場合 年1.7%(税引前)  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

外貨預金選択のポイント
外貨預金とFXとの違い

FXから外貨預金まで 図解で覚える 外貨投資50の法則

FXから外貨預金まで 図解で覚える 外貨投資50の法則

  • 作者: 横尾 寧子
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2008/09/19
  • メディア: 単行本


外為法改正により、当初人気だったのは外貨預金でした。その後、外国為替保証金取引(FX)が人気になってきたのです。
外貨預金とFXの違いについてご説明します。
外貨預金は高い預金利息を狙います。FXはスワップ金利などで、2通貨の金利差を狙って利益を得ます。
具体的な違いをみていきます。外貨預金の取扱業者は、銀行。FXの取扱業者は証券会社や銀行などです。
取引については、外貨預金は、「買い」のみ。「ドル」を買って預金します。外貨が上昇したときのみ利益を得られます。
FXは「売り」「買い」両方行えるので、柔軟に為替に対応できます。
為替レートについては、外貨預金は1日1回決められる固定のレート。
FXは常に変動しています。レートの上昇下降状況に応じて柔軟に取引できます。レート情報は、パソコンや携帯電話からいつでも確認することもできるのです。
為替手数料は、外貨預金よりFXの方が10分の1〜20分の1程度と断然安くなっています。取引時間も、外貨預金は銀行営業時間のみ。それに対し、FXは24時間行えます。
FXには、レバレッジという元金の数倍を賭けることができます。その分大きな取引を行うことができるのです。
同時にリスクも伴いますが、うまく運用すれば大きな儲けを得ることができます。しかしながら、外貨預金にもメリットはあります。
外貨預金は、「高金利」ということです。日本は「超低金利国」です。
ですから、金利が高い外国の通貨で預金すると日本の預金の何十倍もの金利がつくことがあります。短期間では大きな利益は難しいです。
しかし長期間に渡って行う場合は大きな儲けを得ることもできるのです。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 17:58 | Comment(0) | 外貨預金の為替とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金メリットとデメリット

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
都市計画法と都市計画区域

飛行機.jpg
外貨預金:外貨預金メリットとデメリット
【記事詳細】


人気ブログランキングへ
 


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 12:17 | Comment(0) | 外貨預金のメリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX用語 塩漬け

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
≫FX用語 塩漬け

外貨預金という商品
【明細記事】


お肌の潤いに、ヒアルロン酸『皇潤』

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 12:58 | Comment(0) | 金融 証券 マネー関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダントツのサポート体制を完備!成功するまで徹底サポート致します!
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。