元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金

外貨預金の種類による商品性の違い

外貨預金 選択のポイント
外貨預金の種類による商品性の違い
外貨預金の商品の違いってあるのでしょうか?
外貨預金には「普通預金」と「定期預金」という種類があります。
「普通預金」についてですが、金利が低いのでたいした利子は望めませんがお金がいつでも出し入れ自由だという利点があります。
また例えば海外旅行にいって外貨を余らせて帰ってきたときには一時的にでも預け入れることが可能です。

「定期預金」については預け入れ期間が1年未満と短い短期のものと、1年以上と長期のものがあります。預けるときは商品の特性や資金の性格などを考慮して期間を特定するなどすればいいと思いますが、預け入れ期間が長期化することにより為替相場による変動の影響を受ける可能性が高くなってくることを確認しなければなりません。解約時に円高になっていたら損をしてしまいますからね。

こういったリスクを回避するために解約時の為替相場を予約しておき最初から満期時に返金される金額を確定させておくといった為替予約というものがあります。

また積み立ての形で毎月一定額を積み立てて行くといった外貨預金もありますが、銀行によっていろいろと違ってくると思いますので、やるのであればあらかじめ銀行に確認をしておいた方がいいと思います。

また、商品の内容や通貨の種類、預金の種類によって預け入れ時の最低通貨と言うものが変わってきます(例えば100通貨から取引できる)ので確認をしておくことが重要となります。以上が外貨預金に関する種類の違いなのではないかと思います。

外貨預金の10倍パワー FX(外国為替証拠金取引)のバイブル
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 13:54 | Comment(0) | 外貨預金の種類による商品性の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の種類とは

銀行『外貨預金』と言っても、預金の種類や通貨の種類、商品の内容によって内容が変わってきますし、『外貨預金』を取り扱っている金融機関によって内容も変わります。

ですから外貨預金をする際にはどの金融機関の、どの通貨や預金などの種類を選んだらいいか本当に困るのではないかと思います。
ですからまずは外貨預金にはいったいどれくらいの種類があるのかちょっと考えてみませんか?それによりATM外貨預金
の種類を選択するときの目安になると思います。

まず預金の種類を分類分けしてみましょう。
日本で通常取引されている預金の種類には「普通預金」「定期預金」「貯蓄預金」などがあると思います。

外貨預金もこれと同じように「普通預金」「定期預金」「貯蓄預金」があります。
簡単にそれぞれの預金を説明してみますと、「普通預金」はいつでも出し入れができるタイプの預金です。
「定期預金」は預け入れする期間が決められているタイプの預金で出し入れするときの制約があります。しかし、普通預金に比べると金利が高いというのが魅力です。
この金利は、預け入れ期間が長く設定されているほど高くなっています。
最後に「貯蓄預金」ですが定期預金と比較してみてお金の出し入れの際の制限が少し緩和されていて、金利も定期預金よりは少し低めに設定されているタイプの預金です。
しかし、普通預金よりは金利が高いことから人気が高い預金となっています。

こういった基本的に3種類の預金種類が外貨預金には存在します。それぞれの特徴を考えて選択するようにしてみてはいかがでしょうか。


外貨預金の10倍パワー FX(外国為替証拠金取引)のバイブル
posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:59 | Comment(0) | 外貨預金の種類とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の仕組み

外貨預金の仕組みを簡単に説明してみたいと思いますので参考にしてみてください。
外貨預金は預け入れするときに「円」を「外国通貨」に換金して預金をするという方法を取ります。


また引き出し時には逆に「外国通貨」を「円」に換金して受け取るという方法を取ります。まれに換金しないで外国通貨のままで取引する場合もありますが、一般的には換金をしているようです。
この「円」を「外国通貨」に換金する仕組みのことを『為替相場』と呼んでいます。また換金するときに使用する比率を『為替レート』と呼んでいます。
この『為替レート』によって損するか得するか違ってくるのですが、預け入れ時と引き出し時のレートでこれらが決まるのですが、どういったことか分かりますか?
簡単な例をご紹介してみたいと思います。
例えばアメリカドルで外貨預金をする場合、1ドル=100円の為替レートの時に預け入れをしたとします。日本円で100万円預け入れをすると1万ドルのアメリカドルでの預け入れができます。
次に引き出すときの場合ですが1ドル=110円の為替レートになっていたとすると1万ドルを日本円に換金して110万円になるという計算になります。
逆に1ドル=90円の為替レートだと90万円と言うことになりますので為替レートによって換金後の金額に差額がでると言うことになるのです。
こういった差がでることを『為替差損』と言うようです。

またこれには金利が含まれていないので金利や手数料なんかが絡んでくると純粋な損益が分かるようになります。



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 14:20 | Comment(0) | 外貨預金の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金という商品


今、資産運用の手段として外貨預金という手段をとるケースが増えているようです。

今、円預金をしても金利は1%未満のものが多く、あまり変わらないと言うのがあると思いますが、新聞広告や銀行などに貼ってあるポスターなどを見てみると「外貨預金の金利が5%!」とか書いてあるものがあります。
比べてみると金利が全然違うことがわかりますよね。では金融機関で扱っている外貨預金とはいったいどんな商品なのでしょうか。
ドル札2.jpg
まずは外貨預金について説明してみたいと思います。
通常皆さんは銀行で「円」を預金して運用していますよね。
外貨預金とは名前の通り外貨(ドルなどの外国通貨)を預金して運用するものです。

上記には「ドル」を例に挙げてみましたが、ドルにもアメリカドルやオーストラリアドル、香港ドル、ニュージーランドドルなどさまざまなドルの種類があります。
その国によって金利が違いますが国に合わせて運用されます。

外貨預金は日本の低金利状態に見切りをつけ高金利の外貨預金で運用をしようと考えている人に人気があるようです。

外貨預金とはあくまでもお金を預金することですので銀行や信用金庫などの金融機関で取り扱われている商品になります。日本の銀行だけではなくて日本に支店を持つ海外の銀行でも取り扱われている商品です。

預金の仕方は円を持参していき、外国通貨に換金してそのお金を預金するという方法です。
ですから思っているより難しくないのです。


年利19.0%の海外銀行に口座を開設しよう!

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 10:46 | Comment(0) | 外貨預金という商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダントツのサポート体制を完備!成功するまで徹底サポート致します!
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。