元気100選総合トップトップページ新着記事20世の出来事外貨定期預金

外貨預金のタイミング




momobgyoko.JPG

【新生銀行の円定期】5年もの100万円以上の場合 年1.7%(税引前)

外貨預金のタイミング 外貨預金 株式投資

外貨預金を購入するときと解約するときのタイミングとしてはどういったタイミングがいいと思いますか?

個人個人の運用スタイルによるものなので一概には言えないのが現状です。外貨預金をいつ購入してどれだけの期間運用していて、いつ解約をするのかは個人に依存する形になります。
外貨預金で利益を得るためには金利で得るか、為替差益で得るかだと思います。ですから外貨預金を短期で運用する方も、長期で運用する方も自分が今のタイミングだと思ったところで円に換金して利益をだすという形をとっていると思います。
ですからその都度短期か長期かで分かれると思います。実際に外貨預金をやってみて分かることは、購入のタイミングより解約のタイミングではないかと思います。
外貨預金とはある一定の期間預けているとこれだけの金額が儲かりますよと言うものではなく、換金するときの為替レートによって変動する商品だと思います。
極端な例を言うと今換金しても利益はでるけれど、もう少し待って円安が進みそうだったら換金しようと考えている間に、思いとは逆に円高になってしまい、外貨預金を解約するタイミングを結局逃してしまうと言うケースになりかねない場合があります。
ですからあまり考えすぎずに、欲も出しすぎないところで利益がある程度でたら解約するなど自分なりの見極めが大切なのではないでしょうか。
それで「このくらいの利益で十分だ」と言うところがあなたの解約タイミングだと思います。



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:34 | Comment(0) | 外貨預金を始めてみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金のメリットとデメリット

外貨預金選択のポイント
外貨預金メリットとデメリット




外貨預金に関してただやろうとしている人はいませんか?
ここで外貨預金に関するメリットとデメリットをお話したいと思います。

まずは外貨預金の金利ですが金利はその通貨を扱っている国の金利水準に合わせていますので高金利が期待できます。

外貨預金をして、換金する際に預金をしたときよりも円安の時に円に換金すると差額(これを為替差益と言います。)を受けとることができます。

gaikajpg

次にデメリットに関してですが、まずは円高の場合です。
預金時より換金する際に円高になってしまった場合ですが、為替差損が発生してしまう場合がありますので注意が必要です。

最悪元本割れになる場合がありますのでその点は理解しておく必要があります。

次に手数料がかかると言うことを忘れてはいけません。
預金時や引き出し時には手数料がかかります。ですから為替に変動がなければ手数料分余計にかかってしまって元本割れを引き起こす場合があります。

次に税金に関するお話ですが、個人と法人により多少違います。
まず個人で外貨預金をしている方ですが、確定申告が必要な場合があります。
為替差益がでた場合には税金がかかりますし、為替差損がでた場合には控除対象となります。ただし確定申告が不要のケースもありますので注意が必要です。
また利息につきましても円と同様に源泉分離課税が適用されます。

次に法人で外貨預金をした場合ですが、総合課税が適用されますので詳しいことは会計士や税務署などで相談をしてみるようにしましょう。





子供たちの未来のために、地球にEcoな資産運用


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:07 | Comment(0) | 外貨預金のメリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の金利

日本の銀行での普通預金や定期預金に関する金利は極めて低いと言うのが今の現状であると言えます。それを考えると外貨預金は金利が高いと言う魅力がうかがえます。

日本の預金金利を見てみると普通預金に関してはほぼゼロと言ってもいいでしょうし、定期預金でもわずかな金利です。もし銀行の引き出し時に時間外手数料を取られるようであれば、逆に損してしまいかねません。
そんな現状である日本の金利ならば、海外の預金に目を向けてみるのもいいと思います。
例えばですがアメリカやニュージーランド、ユーロなどを扱っている国の金利を見てみると定期預金で日本の約10?20倍もの金利であるようです。ものすごい差ですよね。普通預金でも日本の何倍あるか分からないです。

この外貨預金での定期預金を行ってみた場合、金利だけでみると短期の場合利子はあまり差がでないと思います。ですが、長期で運用してみた場合、かなりの差が出るのではないかと思います。

ですから外貨預金は日本の低金利に期待できないと思っている人や高金利に魅力を感じている人、また長期で利益が出る資産運用をしたいと思っている人などに向いている商品ではないかと思います。

ただし、金利は通貨や外貨預金の種類によって、銀行によっても違います。日々為替レートも変わりますのでよく専門家と相談して決めるのがいいのではないかと思います。

外貨預金の魅力を高金利だと感じている方はぜひ一度やってみてはいかがでしょうか。




posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金の金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高金利を考えるなら外貨預金

近年、日本円による預金の金利というのはかなり低いと言うのが現状です。
これでは意味がないとか思っている方は外貨預金などを視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか?

外貨預金は株とは違って1通貨から始めることができます。外貨預金を始めるには口座を開設する必要があります。

外貨預金で扱われている主な通貨ですが、「米国ドル」「ユーロ」「オーストラリアドル」「ニュージーランドドル」「イギリスポンド」「スイスフラン」などがありますがその他にもまだ扱われている通貨があります。詳細通貨は、各金融機関で問い合わせをしてみるのがいいでしょう。

では外貨預金の金利はどれだけ高いのでしょうか?期待しすぎてしまうと申し訳ないのですが、円でやっている定期預金より若干高い位だと想像してください。また、外貨預金の定期預金になると更に高金利が見込まれます。

外貨預金の普通預金でのメリットはいつでもお金の出し入れが可能なので為替レートに合わせて換金でき、為替差益を受けることが可能になります。

この利息は通常、年2回ほど付くようですが源泉分離課税として20%が差し引かれた金額がつくようになります。

リスクとしては預金保険の対象外であることが挙げられます。また元本割れをする可能性もありますので、そういうことがあると言うことを覚えておきましょう。

まず外貨預金をやってみたいと言うのであれば外貨預金の普通預金から始めてみることをおすすめします。



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 高金利を考えながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日からできる外貨預金

外貨預金というのはどこでできる預金なのでしょうか?知っていますか?預金というからにはきっと銀行なのでしょう。ということで、もし外貨預金に興味があり、始めてみたいなと感じているようだったらとりあえず銀行にいってみましょう。

まず外貨預金を行うためには、銀行で口座を開く必要があります。口座を開くときには郵送でも可能ですが、早く処理するのであればやはり銀行の窓口に直接行った方がいいのではないかと思います。

口座を開くときに必要なのは印鑑と、身分証明書、少しでもいいのでお金を持参すれば口座が開けます。

外貨預金をする場合、未成年では口座が開けない場合も多いと思うので実際に聞いてみてはいかがでしょうか。また口座開設をした本人以外は外貨預金の取引ができないようになっていますので予め了承しておかなければなりません。

なぜ未成年は駄目なの?とかなぜ口座開設した人じゃないと駄目なの?と思うでしょうが外貨預金というのは為替リスクとういのが存在し、元本保証された商品ではないからです。ですから元本割れを起こしてしまう可能性もありますので、自己責任というのが非常に重要視されるようになってくるのです。

でも、一度契約をしてしまうと、インターネットでも電話でもできるようになりますし、取引もATMで直接できるようになりますので簡単に始めることができるようになります。銀行によって多少サービスや手数料などに差が出ると思いますので、窓口で相談してみるなり自分で調べて比較してみるなりしてみてはいかがでしょうか。



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 明日から出来る外貨預金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の為替とは

外貨預金をするには為替変動リスクというリスクがあり、これは為替の変動によって生じた為替差損がでてしまう可能性があるリスクになります。

どういったときに感じるリスクかと言うと、預入時の為替相場と引出し時の為替相場が円安になっている場合には為替差益という利益が生じますが、逆に引出し時に円高になっていると為替差損という損失が生じてしまいます。
為替差損が生じてしまうと、預入時の円より受け取り時の円が少なくなってしまうのです。

この「為替変動リスク」を回避するために有効なのが「為替予約」というものです。
これは満期予定日に合わせて外貨を円に切り替える際のレートを予約するというものです。これにより満期日に受け取れる金額を事前に決定させることができます。

ただしこの為替予約は一度予約を締結させてしまうと解約や、取り消し処理ができませんので注意する必要があります。

為替の相場についてですが、外貨を預け入れるとき、つまり円から外貨に換金するときの為替レートをTTSレートと呼びます。
次に外貨を引き出すとき、つまり外貨から円に換金するときの為替レートをTTBレートと呼びます。

外貨預金で利益を出すには為替差益をだすことが挙げられますが、この為替差益をだすためには引出し時のTTBレートが預入時のTTSレートより高いこと、つまり円安になっていることが条件となります。
逆に円高になってしまうと為替差損が生じて損をしてしまうことになります。



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金の為替とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の魅力について

外貨預金には魅力があります。主な魅力としては高金利であること、為替レート次第で為替差益がもらえると言うことではないかと思います。

でもみんながこの利益にありつけると言うものではありません。自分たちにこの利益が受け取れるヒントはあるのでしょうか。下記にそのヒントになることを挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。

まず大事なことと言ったら「外貨預金をするための目的をしっかり持つこと」なのではないかと思います。外貨預金への目的をしっかり持つことで高金利を期待したいのか為替差益を期待したいのか、じっくり運用してみたいのか目的意識も出てきて見る観点も変わってくるようになると思います。

次に大切なのは「目的に合った商品を選択すること」です。高金利を狙うなら定期預金にするとか、為替差益を狙うならお金の出し入れがしやすい普通預金にするとか分けられると思います。また徐々に資産を増やしていくのであれば貯蓄預金などもいいと思います。
こういった商品に関しては銀行によって扱われている商品が違いますので各銀行に確認をしてみましょう。

また、外貨預金での為替差益などに期待を持っているけれど、円高になってしまって為替差損や元本割れを引き起こしてしまってはせっかくの外貨預金も意味がないですよね。

そんなときは時間をじっくりかけて運用していくようにしてみましょう。長期運用をするとその分利息が貯まっていきますよね。貯まった利息によってもし為替差損が出たとしてもカバーされるようになるかもしれません。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金の魅力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の仕組みを知って利益を得ましょう

外貨預金で利益を出そうと考えている場合には、外貨預金に対するポイントをおさえておく必要があります。

利益を出すポイントとしては「高金利の商品」「為替差益」と言うのが大切になってきます。

まず「為替差益」で利益を得ようと思った場合には、為替レートをみる必要があります。為替レートは常に変動しているものです。
その為替レートを見ることですが、外貨を預け入れたときの為替レートと、引き出すときの為替レートを比較し利益が出ることを為替差益といいます。
利益を出すには預け入れたときの為替レートより引き出すときの為替レートが円安になっていることが条件になります。逆に円高になってしまうと損をしてしまいます。これを「為替差損」と言います。

日本の銀行に円で預け入れたときには為替レートなど関係なく考える必要はありません。だから、外貨預金特有の考え方だと言えます。

次に「高金利」で利益を得る場合ですが、日本の普通預金金利は今や0.001%位が普通でついているかついてないかわからない位ですよね。
それに比べてアメリカドルの普通預金は最低でも0.25%ほど、高いところだとオーストラリアドルでこの何倍かの金利がつきます。日本とはけた違いだと言うことが分かると思います。

外貨預金は元本割れというリスクはあるものの、外貨での元本保証があるため全くのゼロになると言うことはありませんのでその点は安心してもいいと思います。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 仕組みを知って利益を得ましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金に使用できる通貨の種類

外貨預金で使える通貨の種類というのはいったいどれくらいあるのでしょうか?

国内にある金融機関や海外銀行の日本支店などで扱っている外貨預金通貨の種類には本当に様々な通貨が取り扱われています。一般的なものと言ったらやっぱり「米国ドル」ではないでしょうか。また近年新しく出た「ユーロ(ヨーロッパ)」なども一般的になっています。

また以下のような通貨も扱われているようです。
・イギリスのポンド
・ニュージーランドドル
・オーストラリアドル
・スイスのフラン
・香港ドル
・タイバーツ
・韓国のウォン
・中国の元
まだまだたくさんあると思います。

外貨預金を行なう上で重要なポイントとなるのは対象とする通貨の世界への流通量なのではないかと思います。もし流通量が多い通貨であれば、その通貨に対する情報というのはかなり豊富に取り扱われているところが多いです。そのため、為替レートなど動向を見極めやすいというメリットがあるのではないかと思います。また為替相場の安定も比較的見込めやすいのではないかと思います。

逆に世界への流通量が少ない通貨については為替レートが増減する可能性が比較的高くて不安定な状況になると思います。また銀行でそういった通貨が取り扱われるために手数料も高い場合があります。その辺も見越して通貨の種類を選択する必要がありそうです。

そういったデメリットを考えて、最初に外貨預金をするのであれば「米国ドル」や「ユーロ」など比較的流通量が多い通貨を選択するのがいいのではないかと思います。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 使用できる通貨の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金をただやらないために

外貨預金をやるにあたって、ただ単にやるだけではなく、せっかくやるのであればいろんな経済の情報などを取得したり把握したりして勉強してみてはいかがでしょうか。

外貨預金に欠かせないもののひとつである「為替レート」この為替レートは世界の政治や経済に大きく左右されると言っても過言ではありません。

もし今やっている外貨預金の通貨やこれからやろうとしている外貨預金の通貨を保有している国がニュースなどで報じられた場合には「外貨にはどう影響するのだろうか」などと考えてみることが重要となります。
だからと言ってそれ以外の国のニュースは見なくてもいいと言うわけではありません。別の国のニュースでもどう関わってくるかは分からないのです。そんなニュースと実際の為替レートを予想し比較することで為替レートがどう動いているかということを自分なりに把握していけるようになるのです。そういった感覚を身に付けることでより外貨預金を楽しみ、利用できるのではないかと思います。

また大事なことのひとつに外国為替相場のチャートを見ると言うことがあります。最初のうちはどうなっているのかわからないと思いますが、何回も見ているうちに自分なりに把握して見ることが出来るようになります。そのチャートを見るポイントとしては長期的なスパンの流れ、それを把握して見られるようになったら、次は短期的なスパンから流れを把握して見ることが出来るようになります。
そうして養った目が今後の外貨預金だけではなくいろんな動向を予測して利用し役に立つようになるのではないかと思います。

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金をただやらないために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金を始めてみるために

外貨預金を始めるにあたって夢を膨らませてしまう傾向があると思います。高金利だから必ず儲かるはずだと。
そこでちょっとでもリスクを減らすための考え方を、少し説明してみたいと思いますので参考にしてみてください。

まずは外貨預金をするのに通貨の一点買いは避けましょう。1つの通貨に集中して預け入れしてしまうと為替レートの変動次第では大打撃を食らってしまう場合があります。そういったリスクを軽減するために通貨は数種類に分けて預け入れしてみるのがいいと思います。こうすることにより為替レートの変動に対応することができるのです。つまり、ある通貨に関しては為替レートが低くなってしまったから損益になってしまったが、ある通貨に関しては為替レートが高くなったから利益が出るようになった。だからプラスマイナスゼロだね。と言うように補い合うことが可能になるのです。

では一体どういった通貨を選べばいいのでしょうか。
具体的にあげてみると、世界的に中心にあり流通量も多いアメリカドルと、アメリカドルとは対極的比較的動く傾向にあるユーロや円などと言った通貨との組み合わせで選んでみてはいかがでしょうか。

また同じ「ドル」を選ぶならアメリカドルの割合を少し減らしオーストラリアドルやカナダドル、ニュージーランドドルなどを入れてみてもいいかもしれません。

損得は大事だと思いますが自分が好きな国の通貨を選び、それを基準にして他の通貨を選ぶと言ったやり方でもいいと思いますよ。



posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金を始めてみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金の種類は何を選択すればいいのでしょうか?

外貨預金を選択する際のポイントですが、どの預金種類を選べばいいのかって言うのがものすごく大きなポイントとなります。

まず外貨預金の種類にはどんなものがあるのかと言うと、日本の預金種類と同じなのですが、「普通預金」と言うお金の出し入れが自由な預金があります。次に「定期預金」という預け入れ期間が一定の期間設けられていて、その期間の出し入れには制限がついてしまいますが、その分高金利で利用できる預金があります。また「積立型定期預金」と言う、毎月定期的に決まった金額を積み立てていくという預金もあります。
定期預金に関しては預け入れる期間が長ければ長いほど金利も高くなるというメリットがあります。

外貨預金をする際には運用資金の用途や目的に合わせて預金種類を選択するのがいいと思います。しかし外貨預金は注意をしなければならない点もあり、高金利だからと言って長期の定期預金に安易に手を出してしまうと危険です。なぜなら為替相場の変動移管では元本割れを引き起こしてしまう可能性があるからです。
できれば1ヶ月から半年くらいの短期運用で状況を見ながら継続的に運用しまわしていくのが無難ではないかと思います。

また、定期預金の満期日に外貨を円に換金すると思うのですがここにも注意が必要になります。換金する日が円高になっている場合、金利などを入れたとしても元本割れになってしまう可能性があります。
そんな可能性がある場合にはすぐ円に換金しないで外貨を普通預金に預けて円安になる頃を見計らって換金するという方法もあります。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 何故、外貨預金を選択するのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金とは



外貨預金ってどういったものかご存知でしょうか?

外貨預金と言うのは「ドル」や「ユーロ」など外国通貨で預金をすることを指しています。
預金はもちろん利息も外貨で受けとるようになります。

「ドル」「ユーロ」だけではなくてさまざまな通貨での預金が可能なようです。どの通貨で取引するかによって金利・預け入れ・引き出しにかかる手数料が異なります。

いろいろな通貨で預金ができるとなると何を選択していいのかわからなくなりますよね。
何かポイントやヒントなどがあればいいですね。

例えば通貨によって金利や預け入れなどにかかる手数料が異なってきますので、そういったことを通貨ごとに比較してもいいでしょう。
また、今までの為替の動向をチェックして上がり下がりがあまりなく安定しているものを選んだり、円安になりやすい通貨を選んだりするのもいいと思います。

また、そういって調べて選ぶのもいいですがシンプルな方法として通貨自体に馴染みがあるとか、好きな国の通貨とか選ぶのもありです。

また将来海外旅行に行く計画をしているから、そのために預金すると言うのもいいですね。

ではなぜ通貨によって金利が違うのでしょうか?
外貨預金での金利を決めるのはその国の金利水準に依存します。金利水準は各国の経済情勢によって異なります。ですから円金利の水準とは違うようになってしまうのです。

例えばの話ですが円金利の水準が低いとします。こういった場合、外貨の金利水準が高い場合が多いです。ですから、こういった状況の場合には外貨預金は魅力を増すことになります。


寝ていても毎日1万円の金利を得る方法とは

posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 11:51 | Comment(0) | 外貨預金とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金をただやらないために

外貨預金の商品を選ぶときにおすすめなのが普通預金か定期預金(それも短期)です。
プロなら数ヵ月先、数年先を見越して選択すると思います。ですが、そうではない素人の場合には相場に流されながら地道に稼いでいくという方法がいいのではないかという理由からです。

ある経済専門家が言うには円は将来的に円安になると予測しているようで、絶対大丈夫とは言えないが、もしこれを信じるのであればドルやユーロなどで預金をして将来のために長期的な資産運用をしてみるのもいいと思います。

でもやっぱり不安だなと感じている場合には短期的な定期預金などを選択してみるのがおすすめです。だいたいの金融機関には1ヶ月から定期預金を扱っていますが中には2週間と言うものもあるみたいなので各金融機関で比較してみてはいかがでしょうか。

定期預金をやってみる場合の注意点として、満期になったときの資金の扱い方に関してです。
満期になったときの扱い方には以下のようなものがあります。
・日本円に換金して普通預金に払い戻すという方法。このとき満期時点でのレートで換金します。
・日本円に換金しないで外貨のままで普通預金に払い戻す。
・定期預金の自動継続にする方法。
などです。通常はこの3つから選択するのですが一番やってはいけないのがひとつめに挙げた満期時のレートで日本円に換金すると言うことです。
満期時にもし円高になっていたら元本割れを引き起こしてしまう可能性があるからです。




posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金をただやらないために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金のメリットについて

外貨預金のメリットについてちょっと挙げて見たいと思います。

【為替差益】
為替差益という利益が、為替レートの変動によって受け取れる可能性があります。円とドルの為替レートの動向から見てみても、数年前に120円位だったのが少し前では135円になっていました。それらを見てみても円安になっている場合が見て受け取れる。ですから為替差益を受け取れる可能性が高いということになります。しかし現在では90円台後半という円高になっているのでその点も考えていかなければなりませんが・・・。

【リスクの分散】
「円」「ドル」「ユーロ」の3通貨は世界でも主要になっている通貨であると言えます。この3通貨によるシェア率は85%にも及ぶということです。(円:5%、ドル70%、ユーロ:10%)
この通貨たちは経済状況や要素によってお互いに相場を形成しあっていると思います。例えば円が安くなるとドルが高くなったり、円が高くなるとドルが安くなったりするようです。ですからリスクが分散されるということになります。

【高金利】
外貨の金利は日本の金利と比較するとかなり高いということが伺えると思います。だからといって利潤も高くなるという訳ではないということも頭に入れておかなくてはなりません。高金利なのは高金利なのですからその点はメリットとなるのですが、それだけではないということも覚えておいてください。

【経済勉強になる】
自分達が預けたお金が上がるのか下がるのか自分のお金ですから、気になると思います。それだけに経済の状況が現在どうなっているのか色々勉強するようになってくるのではないかという利点があると思います。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金のメリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金のリスク

外貨預金はメリットだけではない。デメリットつまりリスクも大いに考えられるのです。ですからここでは外貨預金におけるリスクを挙げて見たいと思います。きちんと把握して考えるようにすることが利益を生む秘訣になると思います。

まずは外貨預金というのは為替の動向によって損を出してしまう可能性が大いに考えられるということです。これは外貨預金をするとき、つまり預け入れ時の為替レートと、引き出し時の為替レートによって生じる事を指しています。
例えば1ドル=100円の時に外貨預金をすることを考えて見ます。ある金融機関では預け入れを行なう時の為替レートを1ドル=100円50銭として、引き出すときの為替レートを1ドル=99円50銭としているとします。ここで同じ1ドルでも1円の誤差が生じることになってしまうのです。これが手数料になる訳ですが、これを利益にもっていく場合には売るときの為替レートが高くなっていることが大前提となりますし、利息が手数料以上にならないとどうしても損をしてしまうことになります。
ですから、外貨預金をする側、つまり私たちからしてみるとその差額が少ない金融機関で取引を行ないたいということになるわけです。

金融機関によってはこの差額を少なくしている商品もあるようです。是非そういったところを利用してみたいものですね。

また預け入れしている金融機関が破綻した場合、その商品がパーになってしまう可能性があります。だから、一つの金融機関で運用することは避けておいた方がいいのではないかと思います。銀行がつぶれてしまう今の時代、こういったリスクも考えておかなければならないのです。




posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金のリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故外貨預金を選択するのか?

日本における低金利の余波を受けて、資産運用をするにあたって欠かせない商品のひとつが「外貨預金」なのではないかと思います。これは外貨というのは比較的変動のリスクも少なくちょっとずつ利益を出して行こうと言う人に人気があるのではないかと思います。

もちろんこれだって元本はもとより0になる可能性だって否定できないのであるから楽観視はできないのが現状です。が、ある程度の為替に対する見通しが立つのであれば個人でも初心者でも円での預金にはない高金利を期待できるのではないかと思います。この金利も各国の金利に合わせていますので高いところもあれば低いところもあります。ただ現在の日本の金利は相当低いです。どの通貨で預金を行なっても金利は日本よりは高いのではないかと思います。

では外貨預金の目的というのはいったいどういったものがあるのでしょうか?
一つは「リスクを最小限にする事が出来る」「為替レートに対する差益が期待できる」と言ったところではないでしょうか。

ただし外貨預金の種類、外国通貨の種類、選択する金融機関によって利益も変わってくると思います。ある程度絞って考えていかなければなりません。やみくもに外貨預金に手を出すのも危険だということです。
また、ここで言っている外貨預金は銀行などで行なわれている商品の事です。証券会社や先物取引などで行なわれている外国為替信用取引というものとは全く違うということを覚えておくようにしておいてください。




posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 何故、外貨預金を選択するのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金を始めてみよう

外貨預金をはじめてみたいと思っても、為替レートが常に変動していて購入時機が定まらずになかなか始めることができないという人が多いのではないでしょうか。

でもそんな最高の時期なんて分からないのが普通です。後になって「あのときが一番良かったのか」と思うのが当たり前なのですから。ではプロなら分かるんじゃないか?と思うと思いますが、プロでも為替レートを判断するのはとても難しいようです。ですから、暴騰、暴落があまりしていないときの場合を最高のタイミングだと判断して始めてみてはいかがでしょうか。

始めるにあたって欲を出す前にまずは少額の金額を、それもとりあえずしばらくは使わないであろうお金を使って始めてみましょう。また、始めたら今日は上がっただの下がっただのと一喜一憂せずに半年や数年単位での為替レートを見ていく余裕を持つことも大切です。

次に「ドルコスト平均法」を利用してみてはいかがでしょうか。
外貨預金って安いときに預けて、高いときに引き出したいと思うのが当然だと思います。でもいつが一番安い為替レートで、いつが一番高い為替レートかと言うのは過去を振り返ってみないと分からないですよね。
そこでそのリスクを回避するために、預け入れるタイミングを分散し運用することで多少リスクを回避することができるのではないかという考え方です。その方法で一番いいのが「ドルコスト平均法」という方法です。どういったものかは調べてみてください。ただしこれを試したから必ず儲かるというものではなく、あくまでもリスクを分散しているということなのだと言うことを理解しておいてください。


posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金を始めてみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金は預金保険の対象?

国内の金融機関を利用して日本円で預ける預金には保険がかけられているのはご存知でしょうか?
これは何の保険かと言うと「預金保険制度」と言って万が一預け入れをしている銀行が破綻してしまった場合、金融機関によっては預金等の払い戻しが全額、または一部できなくなるケースがあります。こういった場合に預金者をその状況から保護する制度と言うことになります。
この保険制度を運用しているのが「預金保険機構」というところで、預金保険法に基づいて制度を運営しているものだそうです。

ただしこの保険制度を外貨預金に適用することはできません。とても残念な話だと思います。あくまでも円で預金をしていると言うことが前提になるのかもしれません。しかし、万が一金融機関が破綻してしまった場合、預金額に対する補償額と言うのはその金融機関に依存されてしまうと言うことになるのです。全額負担してもらえるかもしれないし、一部しか返金してもらえないかもしれないし、最悪の場合はゼロという可能性だってあるかもしれません。

ですからこんな状態やリスクを回避するためにも外貨預金をする際の金融機関選びがとても重要になります。
例えばこういった金融機関の格付けを行っている会社があるようなのでそこにでている格付けを比較してみると言うのもいいですし、各金融機関の財務内容を公開している情報を利用してみるのも判断材料になるのではないかと思います。
自分たちの考えに依存されてしまうと言うことになりますね。




posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | 外貨預金は預金保険の対象? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金を始めるにあたって

日本の低金利時代に対抗して新しい資産運用の方法として注目を浴びているのが「外貨預金」という商品です。初心者から熟練者まで幅広い年齢層に利用されているものですが、初心者の方って外貨預金がどういうものなのか分かりませんよね。
そこで下記に「外貨預金」について説明してみたいと思いますので参考にしてみてください。

外貨預金とは、簡単に言うと日本の「円」をアメリカの「ドル」やヨーロッパの「ユーロ」など外国通貨に換金してそれを預金することを指しています。外貨預金の仕組みは日本の預金と同様の仕組みで「普通預金」「定期預金」「貯蓄預金」にお金を預けます。それには金利ももちろん付きます。普通預金というのは特徴としてはお金の出し入れが自由にできるものです。定期預金は期限を決めてお金を預けるといった商品で比較的高金利です。期限以前にお金を引き出したり、解約できなかったりというデメリットがあるといった点も日本の定期預金と同じと言えるでしょう。貯蓄預金はお金の出し入れに制限が少し設けてあるだけで基本的には自由です。ただし金利は普通預金と定期預金の間に位置するものです。

現在日本でいくら預金をしても金利が低いために、あまり意味がありません。ですから少しでも効率的に資産を運用したいという人にとってこの外貨預金の高金利というのはとても魅力的だということになります。また高金利だけではなくて為替レート次第では為替差益を期待することも可能です。




posted by 外貨預金 株式投資 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 外貨預金を始めるにあたって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダントツのサポート体制を完備!成功するまで徹底サポート致します!
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。